カシオ創業者・樫尾忠雄が35年前に語った「若い従業員を伸ばす目標の立て方」

 戦後、多くの分野でイノベーションを起こしたメーカー・カシオ計算機にあったのは、徹底した現場主義と技術重視の経営、そして四人の兄弟の絆だった。創業者である樫尾忠雄社長(当時)が35年前のインタビューで語った内容は、今日にも通じる金言ばかりだった。


 聞き手は、後に田中角栄の秘書も務めた麓邦明氏(評論家)。


 ジャーナリスト・大西康之氏の 解説付き 。


出典:「諸君!」1983年7月号「半導体は神サマです」


◆ ◆ ◆


カシオ創業者・樫尾忠雄が35年前に語った「若い従業員を伸ばす目標の立て方」

 麓 男が外に出ると7人の敵がいる、といいますが、カシオさんの場合、商品が多岐にわたっているために、「電卓はシャープ、楽器はヤマハ、時計はセイコー」というふうに、だいぶいらっしゃるわけですね、敵が(笑)。一つの分野だけでも大変なのに、こんなにライバルがいるとエライことだと思うんですが……。


 樫尾 一つ一つお答えしますとね(笑)、もともとウチは計算機を作る会社として、昭和32年にスタートしたわけで、世界中どこにもなかったリレー式計算機を発売もしましたし、まあ電卓の分野では伝統もある。だから特に意識していないですよ。シャープさんはシャープさんで立派な会社ですし、ともに存在価値があるからこそ発展してるんじゃないですか。


 楽器にしても時計にしても、ライバルといわれるとちょっと違うんですよ。エレクトロニクス技術を応用することによって、一つの楽器で多種類の楽器音を出せるという特長をもつ、今までの自然楽器とはまったく違った楽器を開発したんです。誰しも音楽は好きで、楽器を演奏してみたいという気持はみんな持っているんですね。持っているけど、大人になると、今さら楽器を練習するのは格好が悪いとかなんとかで、弾(ひ)ける人は1割しかいないといわれているんです。だから、あとの9割のうちの何パーセントかの人に使ってもらえるような楽器を、ということで開発したのがカシオトーンでして、ピアノに代表される従来の鍵盤楽器と違う新しい商品なんですね。そういうことでスタートしたところ、たまたまエレクトロニクス技術がさかんになって、相前後して各社から小型電子キーボードが商品として出てきたわけです。発想としてはウチが早いんですよね。

...続きを読む

あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年1月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。