日本初の女性寿司店店主 「築地玉寿司」2代目の生きざま

「築地市場の移転が決まりましたが、戦時中、築地にどのような物語があったのか。職人の生き様、夫婦愛を感じ取ってもらえたら」


 日本初の女性寿司店店主となった築地玉寿司2代目・中野里こと。彼女の実話をもとに舞台化した「こと~築地寿司物語~」で、こと役を務める鳳恵弥(おおとりえみ)さんはこう語る。


日本初の女性寿司店店主 「築地玉寿司」2代目の生きざま

 昨年2月の前作は、全公演満席、劇場の最多来場者数を記録。続編となる今作では時代を遡り、大正・昭和に「築地」の礎を築いた人々を描く。


「私達の祖母達は今の女性より強く、明るかった。そんな事をお客様は、ことさんを通じて思い出されたようで、ご好評を頂きました。長く演じていける作品にしたいです」


 鳳さんは2002年、準ミス・インターナショナル日本代表に。その後、つかこうへい劇団に入り、役者の経験を積んだ。


「両親は喫茶店を営み、近くに大衆演劇の劇場があったので、商いやお芝居は常に身近にありました。それが今回の役柄に生きています」


 昨年9月、鈴木砂羽さん演出の公演での“土下座強要騒動”で、鳳さんの名は図らずも全国に知られることに。


「大先輩の役者さんがコメントを下さって、勉強になりましたし、むしろ幸せでした」


 苗字の鳳は芸名で、オードリー・ヘプバーンからとった。


「『ザ・主役』ですよね。彼女のような役の完成度、風化しない演技を目指したい」


INFORMATION

舞台『こと~築地寿司物語~』
3月1日~11日、築地本願寺ブディストホールにて
チケット問い合わせ TEL 0120-240-540
http://siebold.co.jp/koto/


(「週刊文春」編集部)


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年2月25日の芸能総合記事
「日本初の女性寿司店店主 「築地玉寿司」2代目の生きざま」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    頭狂穢土人民腸汚栓朴李DNA共和国。今日も様々なパクリ文化を自らの物のように喧伝しながら売り歩き、穢土人小握りを寿司と偽称し産地も偽称し、ありとあらゆる紙面、画面、方面で朝鮮根性に精を出す面々。

    2
  • 匿名さん 通報

    2018/02/25 19:30…いつも知性のかけらもない幼稚なコメントに精を出してご苦労さま。ところで、おいくちゅなの?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。