元子役・加藤諒が振り返る「仕事なかった時代」

太い眉、濃ゆい表情。一度見たら忘れられない個性派俳優・加藤諒さんが「仕事がなさすぎた時代」を振り返る! 知られざる苦労と「生き残り」の執念を、てれびのスキマさんによる「てれびっ子」インタビューで語ってくれました。(全3回の2回目)


元子役・加藤諒が振り返る「仕事なかった時代」


■『ごくせん』のオーディション、落ちたんですよ

―― 転機になった作品として映画『HINOKIO』(2005年)を挙げられてますね。


加藤 そうですね。中学2年の時だったんですけど、メインの役で、しかも映画で、CGを相手にした作品だったんです。だからちょっとキツい現場でした。全シーンリハーサルを全部やって、助監督さんも厳しくて。でも実際できた作品を見た時に、本当に目の前にロボットが居るみたいな感じになってたんです。「ああ、こういう仕事をしていきたい」って感動しました。あの作品があったから僕は役者を続けているんだと思います。


―― この時期、中学~高校ぐらいだと、テレビはどういうものを見ていましたか?


加藤 でも、やっぱり『天才てれびくん』がずっと好きで見てました。学校から帰ってきたら『天才てれびくん』。あと何見てたかな、『炎のチャレンジャー』とか『学校へ行こう!』。このあいだ、「B-RAPハイスクール」のCDアルバムをAmazonで衝動買いしちゃいました(笑)。100円だったから。


―― 懐かしくて。


加藤 そう。見てたわーって。あと、『週刊ストーリーランド』。『世にも奇妙な物語』のアニメバージョンみたいな番組で、おばあちゃんシリーズ(「謎の老婆」)が好きでした。「永遠に消せる消しゴム」とか「一生出るシャンプー」みたいな不思議な道具が出てくる。またやってほしいなあ。懐かしい。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 加藤諒 ドラマ
  2. 加藤諒 映画
文春オンラインの記事をもっと見る 2018年2月25日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「加藤諒 + ドラマ」のおすすめ記事

「加藤諒 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「加藤諒 + 映画」のおすすめ記事

「加藤諒 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小沢仁志」のニュース

次に読みたい関連記事「小沢仁志」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。