“働き方改革”掲げるヤマト運輸に是正勧告2本 悪質な勤務記録の改竄も

 昨年、巨額の未払い残業代を支払い、目下“働き方改革”を進めているヤマト運輸に、尼崎労働基準監督署から2本の是正勧告が出ていたことが、明らかになった。是正勧告の対象となったのは同社の尼崎武庫支店だ。


■ドライバーが休憩を取れていなかった

 一つは、昨年11月に出た是正勧告で、同年6月から12月にかけて休憩を取れていなかったというもので、労働基準法34条(休憩の取得)と37条(割増賃金の支払い)などに違反する。尼崎労基署が、同支店に務める40人以上のドライバーの勤怠記録を確認したところ、複数のドライバーが休憩を取れていない事実が浮上してきた。


“働き方改革”掲げるヤマト運輸に是正勧告2本 悪質な勤務記録の改竄も

 ヤマト運輸はその是正勧告に対し、翌12月、労基署に是正改善報告書を提出。支店内に休憩室を作ったり、昼間の中間点呼を行うなどして、セールスドライバー(SD)が法律で定められた休憩時間を取れるようにする、と回答した。


 今回、ヤマト運輸を実名申告で労基署に訴えたのは、同社に務めて20年となる岡田誠氏(仮名)。岡田氏は、ヤマトが是正改善報告書を出して以降も休憩が取れなかったとして、再度、12月に自分の勤務記録などを持って労基署に駆け込んだ。


 つまり、労基署には改善した体を見せながらも、現場では、依然として休憩が取れていなかったのだ。


“働き方改革”掲げるヤマト運輸に是正勧告2本 悪質な勤務記録の改竄も

 労基署は、同社の労基法違反を悪質とみなし、今年4月以降に、尼崎武庫支店だけでなく、ヤマト社内の上部組織である西大阪主管支店に調査対象を広げるつもりだ。今回の岡田氏の申告が契機となり、それまで支店単位だった調査対象を主管支店に広げて網をかけることが可能になった、という。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年2月23日の社会記事
「“働き方改革”掲げるヤマト運輸に是正勧告2本 悪質な勤務記録の改竄も」の みんなの反応 28
  • 匿名さん 通報

    会社側の勤務時間改竄は悪質極まるものです。ヤマト運輸への速やかな立ち入り検査とブラック企業の取り締まりを切に望みます。

    15
  • 匿名さん 通報

    少なくとも未払賃金についての請求期間を2年ではなくもっと期間延長すべきだ。とりあえず違法性のある事柄を2年隠し通せばセーフみたいな風潮をやめないと無くならないよ。

    12
  • 匿名さん 通報

    理想的には、車の運輸業は疲労を考えて6時間勤務がいいね。8時間勤務の給料で・・・

    8
  • 匿名さん 通報

    運輸局? なんてどこにもないよ。なんせ、国土公明省は福祉に手を出す道路工事局。

    7
  • 匿名さん 通報

    ザラだよこんなん。

    5
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。