「15歳で輪姦された女性の夫を、どう演じるべきか」

「15歳で輪姦された女性の夫を、どう演じるべきか」

「僕は古事記になじみが深い出雲の地、島根県松江市の出身です。古事記に残る神話は実際の出来事を投影した物語かもしれません。今回の映画も実際に起きた事件が、『私にはこう見えた』という、主人公の主観的な視点で進んでいきます」


 4月7日より全国で順次公開される映画『私は絶対許さない』は、東北地方に住む中学3年生の少女が車で連れ去られ数人の男に輪姦される事件から始まる。原作は雪村葉子さんが自身の実体験を綴った『私は絶対許さない 15歳で集団レイプされた少女が風俗嬢になり、さらに看護師になった理由』(ブックマン社刊)。この手記を基に映像化したのが、精神科医でもある和田秀樹監督だ。


 佐野史郎さんはこの作品で大人になった主人公・葉子の夫・雪村を演じている。


「はじめに台本を読んだとき、妻に対し雪村が放つ言葉や、にわかに変化させる性癖などに大きな違和感を覚えました。一体これは何だろう、と。そこで気がついたのが、実際起きたことから客観性を排除することで、ものごとの見え方は変わるのかもしれないということ。監督の撮影意図はそこにあるのではないかと」


 男たちに性的行為を強いられ、家族の無理解に傷つき、そしてヤクザから援助交際を求められる葉子。精神科医の和田監督は、観客に被害者のPTSDやトラウマ症状を疑似体験させることを試みている。ドキュメンタリーのように客観的な視点を入れないのは、性的被害を受けた人がどのように価値観や人格を変容させていくのかを表現するためだ。

...続きを読む

あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年4月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。