林芳正文科相 公用車で白昼“セクシー個室”ヨガ通い

 林芳正文科相(57)が、平日の白昼、“キャバクラヨガ”と呼ばれる店に、公用車で出かけていたことがわかった。


 週刊文春の取材によれば、4月16日14時半、林大臣を乗せた公用車は、恵比寿にある雑居ビルの前に到着。林氏はヨガスタジオに入り、2時間を過ごした後、待たせていた公用車に乗り込んだ。


 店は、元AV女優が経営し、個室で元グラビアタレントや元キャバクラ嬢のインストラクターらが一対一でヨガを指導した後、オイルマッサージなどを行う。料金は男性客は1時間1万1000円なのに対し、女性は3000円。客とのLINE交換や食事、交際も認めており、テレビでは「キャバクラヨガ」として扱われていた。


 また、この日は加計学園の獣医学部新設を巡り、文科省内で「首相案件」文書の探索が行われていた。


 林大臣は、週刊文春の取材に事実関係をこう認めた。


――16日午後に恵比寿に行っていた。ヨガとか?


「そうですね」


林芳正文科相 公用車で白昼“セクシー個室”ヨガ通い

――毎週のように?


「あのー、定期的には」


――体を鍛えるため?


「そうです。健康のため」


――加計問題の最中、誤解を招くのではないか。


「まぁ、ちょっと予定の空いた時間にそういう所に」


――このお店が“キャバクラヨガ”と呼ばれたりしていることは?


「それは知りません」


――プライベートなのか。


「注意したいと思います。そこは。すいません」


 公用車を巡っては、舛添要一都知事(当時)が湯河原の別荘通いなどに利用していたことで、公私混同と批判を浴び、経費の一部を都に返還している。


 また、前川喜平前文科事務次官が勤務時間外に、“出会い系バー”に出入りしていた問題で首相官邸から厳重注意を受けており、官邸の対応が注目される。


 4月25日(水)発売の「週刊文春」では、“キャバクラヨガ”の実態やテレビ朝日記者のセクハラ告発を巡る真相について詳報している。また「 週刊文春デジタル 」では、直撃の様子などをおさめた動画の完全版を同日5時より公開する。


(「週刊文春」編集部)


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年4月24日の社会記事
「林芳正文科相 公用車で白昼“セクシー個室”ヨガ通い」の みんなの反応 91
  • 匿名さん 通報

    『公人は何も出来ない。公務だけしてろってことか。』←そのようなことは言っていないと思います。少なくともプライベートに公用車を使うなどせず、公私はキッチリわけるべきということでは。

    122
  • 匿名さん 通報

    行くのは構わないけど不倫やらセクハラやら盛り上がってる中で公用車使うとか自覚無さ過ぎだろ。バカ野郎。

    109
  • 匿名さん 通報

    公私混同で引きずり降ろされた舛添さんから何も学ばなかったのかな、文科相だというのにさ。

    96
  • 匿名さん 通報

    この人の不遜さは地元でも有名で当て逃げ事件も引き起こしてる。さらに公私混同、昼間からの風俗通い。女性を玩具としか見ない安倍政権の体質をいかんなく体現している逸材だなw

    74
  • 匿名さん 通報

    文科省案件で国会が紛糾しているのになんとお気軽(無責任)なことか。ブーチャンしっかりしてよ。

    56
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。