個人情報を中国に流出で窮地 従業員に倒産を告げる社長の“演説”がすごい

個人情報を中国に流出で窮地 従業員に倒産を告げる社長の“演説”がすごい

 今年3月、日本年金機構の約500万人の個人情報を、中国の業者に流出させたことが発覚した情報処理会社「SAY企画」。4月末に社員が大量解雇され、近く倒産することがわかった。


「機構は昨年8月、扶養親族等申告書のデータ入力作業を同社に約1億8000万円で委託。計画書では800人の従業員を確保する筈が実際は百数十人に過ぎず、入力ミスや納品遅れが多発。更に契約に反し中国の業者に再委託していたことが判明。結果として約15万人の支給額に齟齬をきたした。機構は同社に対し、詫び状などの送付で生じた約1億6000万円の損害賠償請求を行っています」(経済部記者)


 SAY企画は2003年、切田精一社長(72)が設立し、官公庁からのデータ入力を請け負ってきた。


「今回のような大規模契約は経験がなく、無理がありましたが、ワンマンな社長は『仕事を取ってから考える』と強気でした。新たに営業所を開設し、書類を運ぶためフォークリフトの免許を取らされた社員もいました」(元幹部)


 案の定、人員の調達がままならず社内は大混乱。機構は今年1月、内部告発を受けて契約違反を把握したが代わる業者が見つからず、契約が打ち切られたのは2月だった。


 機構や同社への追及が一段落した4月中旬、切田社長は社員に招集をかけ、突然「倒産」を宣言したという。


「あなたがたは4月をもって会社を辞めてもらいます。会社は倒産させます。給与は払えないので国からもらってください。私は弁護士から雲隠れするように言われており、自己破産するつもりです。無一文になる私は、いったいどうなるんでしょう」


 この“演説”は1時間に渡ったが、元社員が呆れる。


「『悪いのは年金機構だ』と人ごとのように話し、取引先にも倒産の話はしないよう口止めされました。私たちへの詫びの言葉は一切なし。ボーナスも退職金も出ず、4月分の給与は国の『未払賃金立替払制度』で賄われました」


 80人ほどいた従業員の殆どが解雇され、数人の社員が残務処理にあたっているという。だが平日昼間、池袋の本社を訪ねてももぬけの殻。切田社長の自宅も不在だった。


年金、いったいどうなるんでしょう」と問いたいのは国民の側だ。


(「週刊文春」編集部)


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年5月25日の社会記事
「個人情報を中国に流出で窮地 従業員に倒産を告げる社長の“演説”がすごい」の みんなの反応 26
  • 匿名さん 通報

    ちっさい会社に大きな仕事を出す年金機構が潰れないどこなぁ… 不正をするつもりじゃ無いと普通は相手にしない会社だろう… 年金機構も日大と同じで人間のクズばかり集めたんじゃない

    37
  • 名無し 通報

    売国奴の倒産はいいことだ。

    27
  • 匿名さん 通報

    売国奴は野たれシね。

    19
  • 匿名さん 通報

    年金制度は既に崩壊しているのだから、積み立てられた「年金」を全額国民に清算して、倒産しろ。箱物や今回で「使い込んだ」年金は、関わった職員全員で返金しろ。

    13
  • 匿名さん 通報

    私も待っています。

    12
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。