テレビっ子歴50年! 小説家・高橋源一郎「朝まで生テレビに出るわけないでしょ」

現代日本文学をリードする小説家は生粋のテレビっ子だった! 今明かされるテレビカルチャーをちりばめた小説世界の源泉、50年来の「テレビの履歴書」。テレビっ子インタビューシリーズ15回目のゲストは高橋源一郎さん。てれびのスキマさんが伺います。(全3回の1回目/ #2 、 #3 へ続く)


テレビっ子歴50年! 小説家・高橋源一郎「朝まで生テレビに出るわけないでしょ」


■テレビが家に来たのは小3の頃です

―― 僕、大学の卒論のテーマが「高橋源一郎」だったんです。


高橋 そうですか、それはご苦労さまです(笑)。


―― 憧れの方を前にとても緊張してます……。高橋さんは特に初期作品でテレビを小説のモチーフにしたり、引用されることもあるので、テレビもお好きなんじゃないかと今日はお伺いしました。幼いときからテレビは家にありましたか?


高橋 1951年生まれなんですけど、テレビの最初の記憶といえば街頭テレビとか、おそば屋さんのテレビで流れている番組とかかな。テレビが家に来たのは小3の頃です。ですから60年頃の『ララミー牧場』とか『うちのママは世界一』とか、ああいうアメリカンホームドラマはなめるように観てました。日本のドラマは生放送も多かったんですよ、あの頃は。だからNHKの『事件記者』とかもよく憶えているし、クレイジーキャッツのお昼のバラエティ番組も生で観てました。そうだ、あと小学校の教室にテレビが置いてあったんだよね。教育番組を観せるためだと思うんだけど、『ベン・ケーシー』を先生と一緒に観て「わあ、キスしてら」って(笑)。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年5月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。