茨城県鹿嶋市を「サッカーのまち」にした知られざる立役者

茨城県鹿嶋市を「サッカーのまち」にした知られざる立役者

 鉄とサッカーのまち、茨城県鹿嶋市には名誉市民が2人いる。


 一人は故日向方齊(ひゅうがほうさい)さん。住友金属工業(現在の新日鐵住金)が1968年、鹿島臨海工業地帯の中核企業として進出した時の社長だ。


 もう一人はサッカーの元ブラジル代表選手、ジーコさん(65)。91年、住友金属の蹴球(しゅうきゅう)団(サッカー部)に入団し、蹴球団がJリーグの鹿島アントラーズとなる過程で世界に通用するチームに育てあげた。いわば鹿島のサッカーの父である。


 Jリーグのお膝元となったのを機に当時の鹿島町は95年、大野村と合併して現在の鹿嶋市となった。


■鉄道路線から外れ、陸の孤島のような状態に

 実はもう一人、鹿島のサッカーの父と言える人物がいる。


 元中学教師の故石津實(みのる)さん(2003年、67歳で死去)だ。もし、石津さんがいなければ、同市は「サッカーのまち」になっていなかったはずだ。アントラーズの歴史も違っていただろう。だが、その功績はあまり知られていない。


 話は高度成長期にさかのぼる。


 鹿島は古来、鹿島神宮の門前町として栄えた。太平洋と北浦に挟まれた半島のような地形で、江戸時代までの交通は舟運だった。ところが明治時代に鉄道路線から外れるなどしたため、陸の孤島のような状態に陥ってゆく。


 それゆえ、東京から約80キロメートルしか離れていないのに広大な土地が残された。水はふんだんにある。このため京浜・京葉工業地帯に次ぐ、首都圏で最後の臨海工業地帯の候補地として白羽の矢が立った。鹿嶋市から神栖市にかけて約170社が立地していくのである。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年6月19日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。