イニエスタ獲得でとばっちり? 楽天・梨田監督が“電撃辞任”

イニエスタ獲得でとばっちり? 楽天・梨田監督が“電撃辞任”

 16日、楽天の梨田昌孝監督(64)が“電撃辞任”した。


「借金20は酷い数字。仙台では7勝24敗。本拠地で勝てないのは監督の責任」


 本人はこう語ったが、「監督一人のせいではない」(ベテラン記者)という指摘は多い。


 ひとつは、「チーム戦略室」という部署の存在だ。今季はデータ分析を基に先発オーダーをほとんど決めていると言われ、結果として62試合時点で56通りの打順があったという。


「実はココは三木谷浩史オーナーの顔色を窺うセクション。オーナーは合理的な説明がないと選手起用に納得しないので、“データ重視”を建前にオーナーの意向を汲んだオーダーを組んでいるそうです。一方で、投手起用は佐藤義則コーチが仕切っていて、梨田さんはお飾りみたいな感じになっていた」(同前)


 もっとも、選手起用以前に戦力も足りていない。今季は茂木栄五郎や島内宏明、ペゲーロ、ウィーラーなど野手は軒並み不調。投手陣も抑えの松井裕樹とセットアッパーの福山博之が不調だが、それを補うトレードもない。


■三木谷会長が野球のことを忘れていた?

「三木谷さんはサッカーのイニエスタを獲るのに一生懸命で野球のことは忘れていたんじゃないですか(笑)」(スポーツ紙デスク)


 先月、三木谷氏がオーナーを務めるJリーグの神戸が、年俸32億円の3年契約でスペイン代表のスーパースター、イニエスタを獲得したのは周知のとおり。


「一方で、昨オフの楽天球団の補強はドラフト、新外国人、トレードなど13人で、その年俸を全部足しても約1億3200万円。最高額は“オコエ2号”ことオコエ・ディクソンの年俸3400万円ですが、イニエスタの約百分の一ですからね」(同前)


 実は先月24日、象徴的な場面があったという。この日、イニエスタが三木谷氏のプライベートジェットで来日、入団会見後、東京ドームを訪れたのだ。


「オーナーが観戦に来るということで、ここで解任もありうると取材していたんです。梨田監督は試合前、いつも必ず囲み取材に応じてくれるのに、あの日は目が虚ろで……もうクビを宣告されたのかな、と思ったほど」(同前)


 試合前、イニエスタと記念写真に納まった梨田監督の胸中いかばかりであったか。


(「週刊文春」編集部)


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年6月22日の芸能総合記事
「イニエスタ獲得でとばっちり? 楽天・梨田監督が“電撃辞任”」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    糞三木谷……また「口は出しても金は出さない」……田尾さんがめっちゃ怒ってたよね!糞楽天なんか潰れちゃえばいいのに!

    1
  • 匿名さん 通報

    某業界では「後出しジャンケン三木谷」と呼んでいる。 「楽天」は、個人情報を売り捌く有名企業。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。