前川喜平 前事務次官が語る「思想的には相容れない、加戸守行さんのこと」

文部行政のトップを司った前川喜平・前文部科学事務次官。その異色の官僚ぶりを150分にわたってお伺いしました。成績優秀にもかかわらず、なぜ「三流官庁」と呼ばれた文部省に入省したのか? 臨教審、日教組との和解の舞台裏とは……。文部官僚の貴重な回想の数々を 『文部省の研究』 辻田真佐憲さんが聞き出します。(全3回インタビューの2回目)


前川喜平 前事務次官が語る「思想的には相容れない、加戸守行さんのこと」


■仏陀が何を語ったのか知りたかった大学時代

――東大法学部を卒業して文部省に入るわけですが、大学には6年いたんですね。


前川 留年を2年しましてね。だから私は教育は6・6・6制がいいって冗談で言っているんです。小学校6年、中高6年、大学6年。


――まさにそれを実践されて……。


前川 大学時代、高等遊民に憧れてたんですよ(笑)。それで全然、大学の勉強しない時期が3年くらいあったんです。仏教青年会に入っていて、仏教の本を読んだり、お寺めぐりをしたり、仏像見学に行ったりしてました。


――気づいたのですが、前川さんと麻原彰晃は同じ1955年生まれなんですね。


前川 そうなんですか? 


――当時の大学では、怪しい宗教の勧誘などの動きは見られましたか?


前川 キャンパスというのは宗教勧誘で充満しているところがありますからね。統一教会系の原理運動、崇教真光、歩いていれば声をかけられました。創価学会も東洋思想研究会みたいな名前で人集めをしていました。でも私はそういうものに興味がなくて、ただ仏陀が何を語ったのかを知りたいだけで。中村元、増谷文雄の本をずいぶん読みました。当時、座禅もやってましたよ。とても悟りを開くところまでいけませんでしたけど(笑)。極めて軟弱なテニスサークルにも入っていたので、悟りとは程遠かったと思います。

あわせて読みたい

記事提供社から

「前川喜平 前事務次官が語る「思想的には相容れない、加戸守行さんのこと」」の みんなの反応 33
  • 匿名さん 通報

    野党やマスコミは前川を利用するけどさ、この人は天下り斡旋問題で懲戒処分受けた人だからね。あとは、貧困の実地調査(笑)で週4で出会い系バーに通ったり・・ 利用するのは逆効果じゃない?

    51
  • 匿名さん 通報

    こいつを持ち上げているゴミどもは生きてて恥ずかしくないのかな。天下り斡旋や未成年が通う出会い系バーへの入り浸り。こういうことしているからマスゴミって言われるんだよ。

    40
  • 匿名さん 通報

    マスゴミ連中も「そういう店」に常日頃出入りしてたり、天下りというか超コネ社会だからね。親和性を感じてるんでしょ。パヨパヨち〜ん。

    32
  • 匿名さん 通報

    安倍信者にとっては不倶戴天の敵である前川前次官。しかし、前川氏を叩き、嘘と馬鹿で固められた安倍晋三さんを擁護したところで、安倍信者が幸せになるわけではあるまいに。哀れな安倍信者。

    28
  • 匿名さん 通報

    自民党ネットサポーターの皆さま今日もお疲れさまです。

    21
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。