ウナギ学者が5つの誤解を正す「完全養殖技術が確立されても、絶滅危機は変わらない」

 ウナギは「食材」としては日本人になじみの深い存在だが、必ずしもその生態が正確に理解されているとは言いがたい。ニホンウナギの生態研究を行っている中央大学法学部准教授の海部健三氏が、ウナギにまつわる世の誤解を正す。


〈 ウナギ学者の警告「もはやニホンウナギは安定供給できる魚ではありません」 〉から続く。


◆ ◆ ◆


■Q)完全養殖技術が実用化したら、ウナギの絶滅は遠のく?

 2010年、水産総合研究センター増養殖研究所(現在の水産研究・教育機構増養殖研究所)は、世界で初めてウナギの完全養殖に成功しました。いま、商業化に向けた研究が進んでいますが、実用化されればシラスウナギが激減している状況は大きく改善されるのではないでしょうか。


ウナギ学者が5つの誤解を正す「完全養殖技術が確立されても、絶滅危機は変わらない」

■A)問題の根本的な解決にはなりません。

 研究の進展の速度からすれば、今後10~20年の間に流通が始まってもおかしくないとは思います。ただ、完全養殖ウナギの流通が始まったらニホンウナギの減少が止まるかといえば、止まらないでしょう。


 わかりやすい例がマグロの養殖です。クロマグロの人工種苗(人工的に生産された稚魚)の生産に成功してから時間が経ちましたし、商品が市場に出回っていますが、そのせいでクロマグロの漁獲量が減少し、資源が回復したというニュースは聞きません。人工種苗は天然種苗よりも生残率、成長率で劣るために、コストパフォーマンスの面で人工種苗は天然種苗に勝てないのです。

...続きを読む

あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年7月20日の社会記事
「ウナギ学者が5つの誤解を正す「完全養殖技術が確立されても、絶滅危機は変わらない」」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    養殖業者は天然物を捕獲する漁師が問題と言い、漁師は養殖用に稚魚を捕獲するのが問題と言う。どちらも自分のことばかり考えている。食べなきゃ良いが美味すぎる。

    4
  • 匿名さん 通報

    泥棒国家中国に言えよ。

    4
  • 匿名さん 通報

    食べるの禁止にしたらいいだけだよー?うなぎなんて不味いし。 養殖業者がつぶれる!と言っても、養殖業者が別の職業に就けばいいだけでしょう?

    3
  • 匿名さん 通報

    学者も首の皮がピンチなんだろうが、小房に八つ当たりするようじゃどの道終わりだよ。

    2
  • 匿名さん 通報

    シラスウナギの減少には完全養殖の解法でいいんでないの?密漁だのと御託をならべているが、密漁は供給量がたりない今の方が酷い。価格は供給量の制限でかってならされ落ち着く。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。