「これだけ働いて賃金が上がらない日本で良いのか」……安倍と石破の言葉に見る“総裁選の論点”

 9月20日に投開票が行われる自民党総裁選。安倍晋三首相の圧倒的な優位が伝えられているが、ロシア外遊などもあり、石破茂元幹事長との論戦はほとんど行われてこなかった。あらためて両者の発言を通して論点を整理してみたい。


■安倍首相は自衛隊の存在を明記する「9条の2」新設を主張
「これだけ働いて賃金が上がらない日本で良いのか」……安倍と石破の言葉に見る“総裁選の論点”

安倍晋三 首相
「いよいよ憲法改正に取り組むときが来た」
日本経済新聞電子版 9月10日


石破茂 元幹事長
「必要なもの、急ぐものから憲法改正すべきだ」
日本経済新聞電子版 9月10日


 総裁選の本格的な論戦が始まったのは9月10日。自民党本部で開いた所見発表演説会に出席した安倍晋三首相と石破茂元幹事長はそれぞれの主張を繰り広げた。


 総裁選の大きな争点の一つが憲法改正だ。安倍首相は戦争放棄の9条1項と戦力不保持の同2項を維持したうえで自衛隊の存在を明記する「9条の2」を新設したい考えだ。演説会では「憲法にしっかりと日本の平和と独立を守ることや自衛隊を書き込み、使命を果たす」と意欲を示した。秋に予定する臨時国会で改正案の提出を目指す。


■石破氏は「必要なもの、急ぐものから憲法改正すべき」と主張

 一方、石破氏は「必要なもの、急ぐものから憲法改正すべきだ」と主張。具体的な改憲項目として参院選挙区の合区解消や緊急事態条項の創設を挙げた。安倍首相の改憲案については真っ向から否定し、「(安倍)総裁が幹事長当時に言っていたことは、私とまったく一緒だった。なぜ変わったのか」と牽制してみせた(朝日新聞デジタル 9月10日)。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年9月15日の社会記事
「「これだけ働いて賃金が上がらない日本で良いのか」……安倍と石破の言葉に見る“総裁選の論点”」の みんなの反応 182
  • 匿名さん 通報

    >私はそんなことを一度も言ったことはない←こういう嘘をしゃあしゃあとつくから人柄が信頼できないと言われる。

    132
  • 匿名さん 通報

    >これは私の責任なので、改めておわびを申し上げたい←普通なら内閣総辞職案件。お詫びで済むレベルではない。

    122
  • 匿名さん 通報

    アベノミクスはトリクルダウンが大前提です。 嘘はいけない。

    91
  • 匿名さん 通報

    不況時ならともかく賃金があがらないのはブラックです。転職をお勧めします。

    51
  • 匿名さん 通報

    しかもヘイト規制法でそれを批判することさえ禁止したのも自民党という。反日売国奴の因果関係ばっちりではないか。賃金上がる訳ないよ、安い人件費を輸入してるんだから!

    51
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。