大塚家具115億円のキャッシュはなぜ消えたのか

「現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる」。大塚家具が8月14日に公表した2018年第2四半期(4-6月期)に添付された監査法人による四半期レビューにそんな「強調事項」の一文が付いた。いわゆるゴーイング・コンサーンと呼ばれるもので、経営破綻の危険性を投資家に注意喚起するものだ。父会長と娘社長の間で経営権を巡ってバトルが繰り広げられた、あの大塚家具が断末魔に陥っている。


■メーンバンクが融資をしない?
大塚家具115億円のキャッシュはなぜ消えたのか

 ほんの3年前まで、大塚家具は多額の現預金を持つキャッシュ・リッチな会社だった。「現金及び現金同等物の期末残高」は2014年末で115億円。それが2017年末で18億円にまで激減した。今年の12月期も34億2600万円の最終赤字を見込んでおり、このままではキャッシュが足りなくなってしまう。そんなリスクを監査法人が指摘しているわけだ。


 大塚家具はいざというときに銀行から借金ができる枠である「コミットメントライン」を契約しているので、資金繰りは大丈夫だとしているが、メーンバンクの三井住友銀行から、実際の融資は実行しない旨、通告されているという噂も飛び交う。「文藝春秋」編集部が三井住友に確認したが、「個別案件は答えられない」(広報部)という型通りの回答で、真偽は不明。しかし、大塚家具は出資してくれる相手を探す「身売り」交渉に乗り出している、と報じられている。


 しかし、なぜ115億円ものキャッシュが「消えた」のか。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年9月20日の経済記事
「大塚家具115億円のキャッシュはなぜ消えたのか」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    当座はパパ主導で、細々と経営を営む。娘社長はそのやり方を継承する。会社の経営はそれで解決。家族間の憎悪は、どちらかが断念することを、学ばないと消えない。こちらの方が、おそらく厄介でしょう。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「三菱重工」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱重工」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。