岡山県総社市下原は、なぜ西日本豪雨で「犠牲者ゼロ」にできたのか

岡山県総社市下原は、なぜ西日本豪雨で「犠牲者ゼロ」にできたのか

 窓の外がパッと明るくなった。


 直後にドーンと大音響がする。ガラスが一斉に割れて飛び散り、砂ぼこりが入ってきた。


「土砂崩れだ」。浅沼恭代さん(46)はそう思った。が、家の外を見てもそれらしい土砂はない。


「何が起きたのか」。わけが分からないまま、「とにかく逃げなければ」と家族6人で車に飛び乗った。


 岡山県総社(そうじゃ)市下原(しもばら)。7月6日午後11時35分頃のことだ。


 浅沼さん一家は、取るものも取り敢えず逃げたのではない。実は避難の準備ができていた。


 ただ、警戒していたのは豪雨災害だった。5日から激しくなった雨が6日になっても降りやまず、河川の氾濫や裏山の土砂崩れを心配していたのだ。いつでも逃げられるよう、自治会が配った避難袋に、懐中電灯、助けを呼ぶ時に吹くホイッスル、飲み物、着替えを入れていた。


 そうした時に大音響がした。


 後で知ることになるのだが、下原の外れにあるアルミ工場が爆発事故を起こしていた。工場の横を流れる川があふれて、溶解炉に水が入ったらしい。下原には約110戸、350人ほどが住んでいたが、従業員は何も知らせずに逃げていた。


 長さ6メートルほどのH鋼、約4メートルの金属製ダクト、大人が2人がかりでも持ち上げられないほど重量のある金属塊、ほかにも火の玉のようになった破片が数え切れないほど飛来した。奇跡的に家を直撃せず、20人弱が軽いケガをした程度で済んだが、衝撃波は約一キロメートル先の家のガラスまで割った。

あわせて読みたい

記事提供社から

「岡山県総社市下原は、なぜ西日本豪雨で「犠牲者ゼロ」にできたのか」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    下原は最大2.5メートル、真備は最大5.4メートル。文春は相変わらず低クオリティだなぁ。日頃の備えと意識?アホか。

    0
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。