“四度目の正直”で箱根路へ 東大生ランナー・近藤秀一の折れない心

「さすがに今年は厳しいかもしれないな――」


 そんなことを考えながら向かったのは、10月13日に立川の昭和記念公園で行われた、第95回箱根駅伝予選会だ。


■トラックの記録も各校のエース級と遜色ない

 本戦の出場枠を争う各校の熱い戦いはもちろん興味深いのだが、例年同じくらいに楽しみなのが学生連合チームに関わるランナーたちの走りだ。予選会で敗退した大学の中から、留学生を除く個人成績上位者を中心にチームが編成される。


 チームとしての出場は無理でも、なんとか箱根駅伝本戦の経験をチームに持ち帰りたいというそれぞれのランナーの気持ちのこもった走りは、それだけで胸が熱くなる。


“四度目の正直”で箱根路へ 東大生ランナー・近藤秀一の折れない心

 そんな中でここ数年、毎年注目を集めていたランナーがいる。それが東京大学4年の近藤秀一だ。理由はもちろん、日本最難関の東大という環境に身を置きながら箱根駅伝でも活躍できるレベルの走力を備えているからだ。昨年2月には東京マラソンに挑戦し、2時間14分13秒の記録をマーク。トラックの記録も各校のエース級と遜色なく、勝負強さも兼ね備えている。


 ただ、冒頭のように、正直今年は学生連合への抜擢は難しいのではないかと思っていた。左ひざの故障を抱えて8月からは練習が継続して積めておらず、9月頭からは3週間近く全く走れなかった。ようやく10月に入って本格的な練習を再開し、何とかスタートラインに立てる状況に持ってきたようなぎりぎりのコンディションだったからだ。「予選会1週間前にはまともに走れるか半信半疑だった」と本人も語っている。

あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年10月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。