あれから10年 田母神俊雄が語る「田母神論文事件とは何だったのか?」

2008年10月に起きた「田母神論文事件」から10年。現役航空自衛隊トップが公にした論文「日本は侵略国家であったのか」は政府を巻き込んだ大問題に発展し、田母神氏は辞任へ。一体、あの事件は何だったのか。そして“異端の軍官僚”田母神氏の「思想」の源泉とは? 近現代史研究者の辻田真佐憲さんが伺います。(全3回の1回目/ #2 、 #3 へ続く)


あれから10年 田母神俊雄が語る「田母神論文事件とは何だったのか?」


■書いたものは今でも正しいと思っています

――田母神さんの論文「日本は侵略国家であったのか」は、アパホテルで知られるアパグループが主催する第1回「真の近現代史観」懸賞論文で最優秀賞を受賞しました。現役自衛官、しかも空自のトップである航空幕僚長が〈我が国が侵略国家だったなどというのは正に濡れ衣である〉といった論を公にした衝撃はまさに「事件」と言うべきものでした。あれから10年、現在のお考えは、当時の論文の内容と変わりましたか、それとも変わりませんか。


田母神 全く変わっておりませんね。書いたものは今でも正しいと自分で思っています。


――現代史家の秦郁彦さんのような、保守派の論客からも批判が集中した論文でした。たとえば、先の大戦において、蒋介石もアメリカもコミンテルン(共産党の国際組織)に動かされていたという箇所は、「陰謀論」であるとも批判されています。


田母神 そう批判する方がいるのは知っていますが、私は亡くなられた渡部昇一先生や小堀桂一郎先生がおっしゃっているのと同じ論を踏まえているわけです。間違っているとは思いません。


――今回のインタビューでは「田母神論文」の内容を検証するのではなく、なぜ田母神さんがこうした論文を書くに至ったか、そして今どのような考えをお持ちなのか、その「歴史観」がどのように形成されたのかをお伺いしたいと思っています。


田母神 ええ、どうぞ。何でも話しますから。


■自衛隊幹部普通課程で出会った渡部昇一先生の本

――人間が持つ歴史観や思想には必ず読書体験が関わってきます。田母神さんの場合、これに影響を受けたとすぐに思い浮かぶ本は何でしょうか。


田母神 本と言えば亡くなられた渡部昇一先生の本から多くの影響を受けています。30歳の頃に出会った『ドイツ参謀本部』。渡部昇一先生の本です。当時私は市ヶ谷にある自衛隊幹部学校に入校(自衛隊では自衛隊の学校に入ることを入学とは言わず入校という)していました。幹部普通課程という、当時は3ヶ月半くらいのコースがあったんです。自衛隊に入って7、8年経てばみんな交代で入るようなコースなんですけど、そこで教官がいろんな本を紹介するわけです。その中にあったのが『ドイツ参謀本部』。


――まさに軍事に関する研究を深めるために手に取った。


田母神 そうですね。でも私は不勉強でしてね、その時、渡部先生の専門が言語学だということも知らなかった。ただ単にこれは軍人が読むべき本だと思っていました。そこからこれを書いた渡部先生というのはどんな人だろうと本を渉猟しました。ベストセラーになった『知的生活の方法』はもちろん、『日本史から見た日本人』の古代編、鎌倉編、昭和編。私は渡部先生にすっかりハマりまして、私たち仲間内のグループにお招きして講演していただいたこともありました。30代はまさに渡部昇一を読んで過ごしていたようなものです。


 その渡部先生も昨年お亡くなりになって寂しい限りですが、私は自衛隊退官後渡部先生と2冊の共著を出版する光栄に恵まれました。また渡部先生が『ドイツ参謀本部』の復刻版を出版されるということで、復刻版に添え書きを依頼されました。私が最初に出会った渡部先生の本でしたので大変嬉しく思いました。さらに私が航空幕僚長を更迭されたときに「田母神さん、20年、30年たった時に田母神論文を境に日本の歴史認識が変わったと言われる時代が必ず来ますから、力を落とさずに頑張って下さい」と励まして頂きました。渡部先生の言葉は私にとっては勲章のようなものです。渡部先生が私のアパ論文の審査委員長でしたので、論文の内容がおかしいとかいう一部の批判はありましたが、私は全く動じることはありませんでした。


■聴いてた音楽? 演歌ぐらいかな。あと軍歌

――ある意味での「保守の歴史観」は渡部昇一の本がきっかけだったのでしょうか。


田母神 まあ、そうでしょうね。他に読んでいたのは、関嘉彦さんの著作。民社党の理論的支柱のような方で、都立大の先生をされていた。『社会主義と自由』だったかな、読みましたね。あとはカーネギーです。『道は開ける』『人を動かす』。いずれも名著ですが、これも幹部学校で紹介されて読みました。


――田母神さんは元々理系で、福島県立安積高校でも理系クラスだったんですよね。


田母神 そうです。高校に入ったのが昭和39年、東京五輪の年。日本が高度成長に入ろうとしていた頃で、身近なところでいうと家電の業界が華やかに見えたんですね。それで技術者になりたいと漠然と思っていたんです。ところが親戚に自衛官がいたこともあってか、父が「お前は防衛大学校に行け」と。それに反抗することもなく、まあ自衛官の道に入ったわけです。


――その頃だと、どんな本を読んでいたんでしょうか。


田母神 小説を読むくらいでしたよ。しかも松本清張とか、そういう推理小説みたいのばっかり読んでいた。「歴史観」に関わるようなものは、今考えれば読んでいませんね(笑)。


――音楽はどうですか?


田母神 聴いてた音楽? あんまりないですね。演歌を聴いていたくらいです。誰が好きとかはなかった。春日八郎、三波春夫、三橋美智也、村田英雄の時代ですよね。女性だと美空ひばり、島倉千代子。


――軍歌はいかがでしたか?


田母神 ああ、軍歌はけっこう好きでした。歌詞がわからなくても、「よし、やるぞ」って気になるなって思ってました。


――防大に入って軍歌と親しくなった感じですか?


田母神 そうですね、防大や自衛隊では軍歌習いますからね。でも、うちの父親なんかは隣近所の人と軍歌をよく歌ってましたよ。『同期の桜』だとか、いい歌だなと思って聞いてましたけど。今でも軍歌好きですよ。


――他にどんな曲が好きですか?


田母神 今は『加藤隼戦闘隊』とかですね、『麦と兵隊』。あと『歩兵の歌』、『若鷲の歌』など。


――なるほど、『歩兵の歌』は以前、「チャンネル桜」に出られた時に、カラオケ大会で歌われていましたものね。


田母神 ああ、よくそれをご存知で。


――歌には自信ありますか?


田母神 私はね、歌はね……、うまいですよ(笑)。


■私の原体験「共産党はバカだから」

――防衛大学校時代の話をもう少しお伺いします。入学されたのが昭和42年、1967年のことですから、防大時代に70年安保運動が起きていますよね。同世代の学生が安保反対を唱えている様子を、田母神さんはどのように眺めていたのでしょうか。


田母神 何を騒いでいるんだ、バカだなって思って見てました。夏休みに帰省すると、普通の大学に入った高校の友達と会いますよね。すると、たった3ヶ月大学に行っただけで、やれマルクスがどうしたとか言うやつがいるわけです。私はちょっとカチンときて、「なんだお前、因数分解もできなかったのに、よくそんなことがわかるな」って言ってやりましたよ。


――なんでカチンときたんでしょうね。


田母神 かぶれてる感じがいやだった。私は昔から、左の共産主義的考えに毒されることはなかったから余計に。うちの父はいつも「共産党はバカだ」って言っていた。なんでかと言うと、実家の近くに町議会議員にいつも立候補する共産党の人がいたんですよ。選挙に出ると必ず落ちるんだけど、必ず出る。いつだったか聞いたんです、父に。「あの人は、なんで落ちるのがわかっているのに選挙に出続けるんだ」と。その答えが「共産党はバカだから」。これは、私の原体験といえば、原体験なのかもしれませんね。


■防大4年のときに「三島事件」を体験した

――防衛大学校時代では、1970年に起きた「三島事件」。作家・三島由紀夫が憲法改正のために自衛隊の決起を呼びかけ、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺した事件ですが、この時は……。


田母神 防衛大学校4年の時ですね。


――軍隊ごっこみたいに言う人も当時いたと思うんですが、田母神さんご自身はどんな風に見ていましたか?


田母神 三島由紀夫という作家は、非常に感性が鋭くて、ものがよく見えている。だから、三島の言動は面白いなと思って見てはいましたけどね。その感は、私が年をとるにつれて深まっている気がします。日本が今みたいな状態になって、結局外国から言われっぱなしで、ちゃんと反論もできない「腑抜け腰抜け国家」になるってことを、昭和45年の段階で三島由紀夫は見通していたのではないかと思うんです。彼がやったことは決して許されるものではありません。しかし、自分の命をかけて、国家や国民に対して警鐘を鳴らしたという意味では、立派な人だったんだと思います。彼は決して自分のために決起したのではないのです。自分のためであれば自決などせずに生きのびようとするはずです。


――ちなみに、このころの防衛大学校校長はどなたでしたか?


田母神 猪木正道さんです。その前は陸上幕僚長をされていた大森寛さんが校長をされていた。


――猪木正道さんは『正論』などでも執筆活動され、保守論壇の大御所という感じがしますが、一方で民社党を支持する論者でもありました。田母神さんが学校で見た猪木さんの印象はどういうものでしたか?


田母神 ちょっとリベラルだなという感じは、当時から受けていましたね。たとえば「イギリスでは国防省の軍人は制服を着ないんだ。だから自衛隊も防衛庁の中では制服を着ないほうがいいんじゃないか」という話を猪木さんがされるのを聞いた覚えがあるんです。私はそれは違うんじゃないかって反発してしまいましたね。あと、猪木さんの三島事件に対する評価にショックを受けました。


――どんな評価だったんでしょうか。


田母神 事件が起こるまで猪木さんは三島を絶賛していたはずなんです。私たち学生の前でもそういう話をしていたように思います。ところが、あの事件後、評価がコロッと変わったんです。三島由紀夫はとんでもないやつだ、と。私は学生ながらに「学校長、人ってそんなに変われるもんですか」と思ってしまいましたよ。あれは、けっこうショッキングでした。


■自衛隊入隊 どうして「ミサイル部隊」を希望したのか?

――ちなみに田母神さんは三島の作品に親しんではいたんですか?


田母神 いや、全く読んでないです。小説はさっき言った松本清張、あとは最近になってからだけど、侍ものの時代小説が好きですね。2016年に公職選挙法違反で逮捕された時に拘置所の中で読んだのは『葉隠』。「武士道とは死ぬことと見つけたり」か。


――拘置所では百田尚樹さんと渡部昇一さんの対談『ゼロ戦と日本刀』もお読みになったと、著書に書かれていますね。


田母神 そうですね。拘置所ってやることないから本を読むくらいしかないんです。


――1971年、田母神さんは22歳で防衛大学校を卒業され、航空自衛隊に入隊します。そして福岡県築城基地の「第2高射群第7高射隊」に配属されます。これは地対空ミサイルの部隊ですが、どうしてミサイル部隊を選ばれたんでしょうか。


田母神 もともとから話すと、私はパイロットになりたかった。あの格好いい戦闘機に乗ってみたいという単純な理由です。だから航空自衛隊を選んだんです。大学校卒業後、幹部候補生学校に半年行きまして、そこでパイロットの適性検査を受けます。ところが、この検査では35名の合格者の中に入ることが出来ず、パイロットの道が閉ざされてしまった。それで、第一線で戦う職務で戦闘機部隊以外に進むとしたら残りは地対空ミサイル部隊か、要撃管制部隊。要撃管制というのは、地上から戦闘機やミサイル部隊に指令を出す仕事です。ただこれは領空侵犯を見張るようなレーダーサイトでの仕事が主ですから、基本的に離島とか僻地での仕事になるんですね。一方の地対空ミサイル基地は比較的、市街地の近くにあったんです。それで、僻地勤務はしたくないという「崇高な理由」で、私は自衛官としての一歩を踏み出したんです(笑)。


――いわゆるナイキミサイル。アメリカ製の地対空ミサイルを扱っていたわけですが、そのあとアメリカ製ミサイルでいうとパトリオット……。


田母神 ペトリオットっていうんですよね。


――ペトリオットですか。


田母神 アメリカの発音だとペイトリオット。そこで航空自衛隊では最初はパトリオットだったんだけど、パがぺになって、ペトリオット。


■「プロレスラーに飛び掛かるバカはいない」

――そのペトリオットミサイルを含め、最近ですと陸上型イージス、イージスアショアに防衛予算を支出することが問題にもなりました。田母神さんはフォロワー数26万6千人以上のツイッターで、日本がアメリカ製のものばかり買うことに批判的なことを書かれていましたよね。


田母神 イージスアショアについて言えばね、これはお金が無限にあれば必要な兵器だと思いますが、自衛隊の予算の現実から、日本は攻撃力を持たないまま、これ以上守りを固めるのは優先順位が間違っていると思います。戦争に巻き込まれないためには日本は攻撃力を持たなければなりません。そもそも世界の空軍というのは、主体が攻撃力。戦闘機、爆撃機の攻撃力です。ところが日本の場合、航空自衛隊は守りに偏った空軍で、その割合は守りが8割、攻撃が2割といったところ。そうなると自然と、攻撃についてはアメリカに依存せざるを得なくなる。これではアメリカの国家戦略の思うがままですよ。自衛隊の戦力発揮がアメリカに依存する構造が強化されて、自衛隊の自立が出来ません。自衛隊の自立が出来なければ日本国の自立はできません。日本が今持つべきは攻撃力です。相手を攻撃する能力がなければ抑止力になりません。私はよくプロレスラーに飛び掛かるバカはいないと言っています。


――一方で、昨年には北朝鮮がミサイル発射実験をして、弾道ミサイルが日本上空を通過するという事態が起こりました。元空幕長から見ると、どう思われたんでしょうか。


田母神 あれは日本国民啓蒙のためによかったと思っています。つまり、ああいう事態があると、自衛隊も実態に即して訓練ができるようになる。国民もJアラートを通じて、まさかの事態があり得ると目覚めるきっかけになったとも思います。ただ、実際には北朝鮮が本気でミサイルを撃つなんてことはあり得ないと思っていますけど。


――それはどういった理由からですか?


田母神 戦争って結局「金儲け」のためにやるものなんですよ。でも北朝鮮の場合、アメリカや日本に向けてミサイル撃って戦争を仕掛けても、儲からないことは目に見えている。そんなことしたら、北朝鮮は余計締め上げられるだけなんです。アメリカだって同じ「金儲け」の論理から北朝鮮を先制攻撃しないわけです。なぜかというと、北朝鮮があったほうがアメリカの国益に資するから。ああいう「ならず者国家」があるから、世界にはアメリカが必要だろうと。イージスアショアが必要だろうと。北朝鮮という国は、アメリカにとって武器を販売するための「理由」になっているんです。


■「安全保障的リアリズム」は、いつ頃から身についた?

――そういったある種の「安全保障的リアリズム」は、いつ頃から身についたと思われますか?


田母神 自衛隊にいる間になぜ戦争になるのか、戦争の原因などを考えることが多くあります。もちろん自衛隊幹部学校における教育も影響しているとは思います。基本的に幹部学校で自衛官の教官から教えられるものは戦術、戦法、指揮、統率といったものが多いのですが、そのほかの外交とは何たるかといったあたりは外部招聘の講師の話を聞いて学ぶことが多かった。自衛隊の実務と学校教育を通じて自分なりの戦争観が出来上がっていったと思います。40歳を過ぎるころには今のような考えになっていたと思います。


――どんな講師の方が来たか覚えていますか?


田母神 それはやっぱり渡部昇一先生がいて、田久保忠衛先生もいらっしゃいましたね。あとは、経済学者の加藤寛先生、内橋克人先生等を覚えております。各省庁の役人の課長ぐらいの人もけっこう来ていましたね。外務省の大使経験者も何人かおられたと思います。


■朝日新聞の労組を前に講演した

――その頃、新聞はとっていましたか?


田母神 上司から「産経新聞をとったらどうだね」と言われて購読してました。それ以来、産経は読んでいますね。月刊誌としては『正論』を読むようになりました。


――拘置所の中で産経が読めなくて困ったという話が著書にありますが。


田母神 あれには参った。仕方がないから読売で我慢した。


――やっぱり産経が読めないのは辛い。


田母神 読みたかったね。読売だと、ちょっとね、物足りない。


――あえて反対側の意見を紙面で読んだりしないんですか。


田母神 ああ、朝日新聞なんかもう20年以上も読んだことないんじゃないか。ただ、朝日新聞の労働組合に呼ばれて講演に行ったことはありますよ(笑)。


――田母神さんにとっては考え方が真逆の本丸じゃないですか。何をお話になったんですか。


田母神 いつも通りのことですよ。「僕は、あなたたちの意に沿うようなことは多分言わない。いやむしろ正反対のことを言いますよ。いいんですか」って始めてね、それで日本はいい国なんだ、憲法は改正しなきゃダメなんだという話をした。どうせ今から戦争なんて起こらないんだし、そもそも憲法改正しないほうが戦争は防げるというのも全く間違いなんですよと。戦争が起こる前のグレーゾーンの段階で、日本は軍隊を使えるようになっていますか? つまり中国の漁船が尖閣に来たり、小笠原の珊瑚を根こそぎ持ってかれるのは、憲法が自衛隊を使えるようにしていないからだと。日本は本当にこのままでいいんですか、みたいな話をした。


――朝日の労組を前に。


田母神 「9条を守る女性の会」でも同じような講演しましたよ。


――呼ぶほうも呼ぶほうだと思いますが、さすがに反論が来るでしょう。


田母神 負けないから、そんなのには。「そんなの関係ねえ」の気持ちで頑張りましたよ。


( #2 へ続く)


写真=白澤正/文藝春秋


(辻田 真佐憲)


あわせて読みたい

記事提供社から

「あれから10年 田母神俊雄が語る「田母神論文事件とは何だったのか?」」の みんなの反応 20
  • 匿名さん 通報

    戦後、日本だけが悪いというプロパガンダが横行している。それでは、アジア、アフリカの全域を植民地にしていた西欧諸国は正義なのか。違うでしょう。

    15
  • 匿名さん 通報

    確か幹部学校の教授だったか学校長の経歴があったんじゃなかったけ?論文を読んだけど書き方が小学生の作文レベル。学問として研究してたとは思えないレベル。それで賞をもらってもねぇ。この人が受賞ありきの話。

    13
  • 匿名さん 通報

    論文が正しければ辞任などしなかっただろう

    11
  • 匿名さん 通報

    敵を知るために、刑務所では朝日新聞を購読した方がよかったのでは

    11
  • 匿名さん 通報

    田母神さんもアパホテルも大好き、私たちを生まれながらに”戦犯の子孫”とほざく近隣3カ国は大嫌い

    10
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。