蛭子能収71歳。「キャリア45年」なのに“大御所扱い”されないフシギ

 長らく絶版となっていた蛭子能収の初期のマンガをまとめた『私はバカになりたい』が、最近、青林工藝舎より復刻された。ノンフィクション作家の立花隆は、同作および先に復刻された『地獄に堕ちた教師ども』について《これだけのメチャクチャなナンセンス漫画は日本の漫画の歴史でも珍しいものだから、ぜひ一読しておくことをおすすめする》と高く評価している(『週刊文春』2018年10月18日号)。


■なぜか大御所扱いされる気配がほとんどない……
蛭子能収71歳。「キャリア45年」なのに“大御所扱い”されないフシギ

 きょう10月21日は、その蛭子能収の71歳の誕生日だ。年齢からいえば、また今年45年を迎えたマンガ家としてのキャリアからいっても、もはや大御所扱いされてもいいはずなのに、その気配はほとんどない。それもテレビタレントとしてのイメージからだろう。


 テレビ東京系の人気シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』では、その道中、蛭子が自由奔放な言動で、旅の相方の太川陽介を怒らせることもしばしばだった。食事でも太川やゲストが海の幸など地元の名産品を選んでいるのに、彼だけカツ丼やカレーといった自分の好きなものを注文するのであきれさせた。


■「お金のため」という行動原理

 もっとも、これには当人なりの言い分がある。ディレクターからは好きなものを注文していいと言われているから、自由に選んでいるだけであって、もし命令されれば、お金のためなので、苦手な寿司でも刺身でも何でも食べるという(蛭子能収『笑われる勇気』光文社)。この「お金のため」というのは、彼の行動原理となっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年10月21日の芸能総合記事をもっと見る
「蛭子能収71歳。「キャリア45年」なのに“大御所扱い”されないフシギ」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    非常識な団塊じじい。ジュリーと同等

    8
  • 匿名さん 通報

    「女房が僕と一緒にいたいって言ってくれるんです」こんなん言われる蛭子さん、ファンになりますた

    5
  • 匿名さん 通報

    最近この手の年よりでも働く方が良いよみたいな記事乱発してるけど政府意向か?働きたい奴は働けよ。それと年金払わないってことは全く別物だからな。なし崩しに年金開始年齢遅らさせないぞ。

    2
  • 匿名さん 通報

    本当の大御所クラスは、後進に席を譲ってほしい。一般庶民の暮らしを見たことがあるか!いまだにバブリーなことやってるのが、この連中ではないか?大御所が消えないなら、テレビ局が消えればいい。何も困らぬ。

    1
  • 匿名さん 通報

    なにこの怒りのコメントの数々。人の事より、自分を心配したら?

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「倉科カナ」のニュース

次に読みたい関連記事「倉科カナ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小倉優子」のニュース

次に読みたい関連記事「小倉優子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小島瑠璃子」のニュース

次に読みたい関連記事「小島瑠璃子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。