各紙は「自己責任」をどう報じたか? “2004年の安田さん”と“2018年の安田さん”

 前回、 「14年前、誰が『自己責任論』を言い始めたのか? 『イラク3邦人人質』記事を読み直す」 を書いた。多くの方に読んでいただいたが、私としては「新聞は時として推理小説にもなる」という新聞の楽しみ方を実践した回でもあった。

 自己責任論はどう拡がっていったか、政治家では誰が言いだしたか? 当時の紙面を読みなおす作業はドキドキした。


■政治家が放った「自己責任論」が、2018年に復活

 その結果、小池百合子氏が口火をきり、閣僚達や自民党幹部(安倍晋三幹事長)がバトンを受け、満を持して小泉純一郎首相が人質になった3人(被害者)を批判した流れだったことがわかった。


各紙は「自己責任」をどう報じたか? “2004年の安田さん”と“2018年の安田さん”

 こうなるともう人質3人は国家を敵に回した悪人のよう。

 世の人々も政治家のお墨付きがあるのだから、そりゃバッシングに遠慮もいらないだろう。政治家がバックにいる気分はよかっただろう。あのときの「成功体験」が今回の安田氏への自己責任論にも続いているのだと感じた。

 実は前回書き足らなかった部分があった。それは「2004年の安田純平」である。安田氏が前回拘束されたのも2004年のこの時期なのだ。  


■14年前の「安田さん報道」はどんなものだったのか?

 批判の矛先は拘束された人の家族にも向けられていたのだが、当時の安田氏の記事はその検証例として絶好だった。

 まず、高遠菜穂子さん(ボランティア)、今井紀明さん(フリーライター)、郡山総一郎さん(カメラマン)の3名の人質の動向が注目されるなか、さらに次のニュースが飛び込んできた。

「日本人2人拘束強まる」(毎日新聞夕刊 2004年4月15日)

「また邦人か 混乱の夜」(読売新聞夕刊 同)

 拘束された1人は「安田純平さん」と書かれている。

あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年11月9日の社会記事をもっと見る
「各紙は「自己責任」をどう報じたか? “2004年の安田さん”と“2018年の安田さん”」の みんなの反応 15
  • 匿名さん 通報

    安田の親の顔みたらどう見ても朝鮮だよwww

    9
  • 匿名さん 通報

    自己責任という言葉の批判はともかく、個人の責任で賄えない棄損、今回の例ですいえばテロ組織への資金供与と邦人保護のための経費が批判されることは全くおかしくない。

    7
  • 匿名さん 通報

    日本政府の制止を無視して危険地帯に行ったのだから、日本政府に責任はない。そこから先に行くことは、何が起きても自分で責任を持つと言う事だ。

    6
  • 匿名さん 通報

    言葉のあや。安田さんは自己責任と言っても国は国民の安全を守る義務があり法に従えば税金を投入して身柄を確保しなければならない。彼のために多額の税金が使われた批判は当然ある。

    4
  • 匿名さん 通報

    今回は「自己責任」のプラカードをわざわざ作って抗議に行ったやつはいなかったのかな?

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。