親子3人で「特殊詐欺」 家族ぐるみで月18万円稼いだ“手口”

 親孝行に内助の功といえば、廃れつつある古き良き日本の伝統だが、どっこい、この家族には残っていたようだ。


 警視庁捜査二課は10月30日、詐欺容疑で埼玉県ふじみ野市の無職、宮腰和夫(52)と同居の妻の春美(52)、娘で東京都豊島区の友梨亜(22)の3容疑者を逮捕した。警視庁担当記者も驚きを隠せない。


親子3人で「特殊詐欺」 家族ぐるみで月18万円稼いだ“手口”

「カンヌ映画祭で『万引き家族』が最高賞を得て半年もたたないうちに、『特殊詐欺家族』が逮捕されるとは思いもしませんでした。和夫は詐欺グループの口座から現金を引き出す『出し子』、春美と友梨亜は、その現金をグループが管理するコインロッカーなどに移動させる『運び屋』で、親子の連携プレーを繰り返していたとみられています」


 逮捕容疑は今年の1~2月、証券会社の社債購入を巡るトラブル解決料などと偽って、福井市に住む女性(80)に現金1050万円を送金させた疑い。春美容疑者は詐欺への関与は認めつつも、当の逮捕容疑については「思い当たることがありすぎて分かりません」と供述しているという。


■詐欺に手を染めたきっかけは父親のパチンコ狂い

「遅くとも昨年7月頃から犯行を繰り返していたとみられることから、記憶が曖昧でも無理はありません。この一家は父親がパチンコに狂って家計が逼迫し、詐欺に手を染めるようになり、後に家族にも『仕事』を紹介。母親は派遣社員、娘は看護助手として働く傍ら、副業に励んでいたとみられます。一家の『副収入』は毎月18万円程度に上ったようです」(同前)


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年11月10日の社会記事
「親子3人で「特殊詐欺」 家族ぐるみで月18万円稼いだ“手口”」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    警察「パチンコ屋で声をかけられた人、おとり捜査の協力をしてもらえれば、懸賞金を出します、こぞってご参加下さい」

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。