中学受験vs.高校受験 「失うもの」が大きいのはどっち?

 漫画『ドラゴン桜』の主人公・桜木建二さんが「小学校・中学校受験は子どもの将来を不幸にする」と直言しているというので、記事を拝読してみた。


 ●【直言】小学校・中学校受験は子どもの将来を不幸にする
  https://newspicks.com/news/3443663/body/


 小学校・中学校受験について書かれているのは最初だけ。後半3/4の内容は育児書によくある話で、大筋異論はない。小学校受験について私は疎いので、論じない。しかし中学受験の是非については、考察が不十分な部分が見られた。


中学受験vs.高校受験 「失うもの」が大きいのはどっち?

■中学受験で子どもが不幸になる?

 桜木さんは「小学校受験と中学校受験は、子どもの将来を楽にはしない。むしろ、不幸にする可能性が大きい」と断言する。その根拠に、偉大なる発達心理学者ジャン・ピアジェ(1896-1980)が1936年に発表した「思考の発達段階」の理論を挙げる。0~2歳を「感覚運動期」、2~7歳を「前操作期」、7~11歳を「具体的操作期」、11歳~成人を「形式的操作期」と呼んで区別する考え方だ。


 桜木さんの説明をそのまま借りれば、「具体的操作期(論理的思考段階)」とは「自分が具体的に理解できる範囲のものに関して、論理的に思考したり推理したりが可能」な時期だ。それに対して、「形式的操作期(抽象的思考段階)」とは「抽象概念や知識がわかり始める。例えば、『生きる』『幸せ』などがわかり始める。算数から数学になり、xやyなど抽象的な数式も扱える」時期。その通りだ。

あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年11月21日の社会記事
「中学受験vs.高校受験 「失うもの」が大きいのはどっち?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    校風とか生徒の性格で変わるからなぁ。学校、人によっては高校受験がないからラッキーとさぼるところもあれば、中学卒業相当の時により勉強をする別の学校を受験するところもある。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。