失敗しない靴選び フィッテングのポイント5つを徹底解説

「一流の人はなぜそこまで、靴にこだわるのか?」(著:渡辺鮮彦)より

失敗しない靴選びの方法とは

失敗しない靴選び フィッテングのポイント5つを徹底解説

この記事では、失敗しない靴選びの方法をご紹介します。自分に合った靴を選ぶために、欠かせない知識ですので、お店に行く前に必ずこちらを覚えておいてください。

実際にお店で靴を試着する際のポイントは、次の5箇所です。これらがすべてOKであれば、是非とも購入の候補としましょう。

お店で必ずチェックするべきフィッティング5箇条

①つま先

まず、自然に伸ばした指が靴のつま先の先端にぶつかってはいけません。歩く時に足は靴の中で少し前後するので、ここには若干の余裕=「捨て寸」が必要で、靴のスタイルで異なりますが、親指から約10~25mm程度確保するのが一般的です。

親指と小指が靴の側面から不要な圧迫を受けていては、窮屈過ぎるのですぐにダメと判断できます。一方で、そこに余裕があり過ぎてもいけません。指が靴の中で横滑りするので、歩く時に指の動きが不安定になってしまうからです。

また、上下にも指、特に親指と靴の天井との間に僅かな余裕が必要です。ここに多過ぎても少な過ぎても、指が上から圧迫されてしまうからです。


②甲の周辺

親指と小指双方の付け根同士を結んだ線の周辺(ここを「ボールジョイント」と言います)の位置や幅が、足と靴とで一致しなくてはなりません。ここは靴の横幅で一番太い個所であるとともに、足と指の動きの正にジョイントになる部分なので、合っていないと指が思うように動かせなくなるからです。この周辺がキツ過ぎてアッパーの革が横に飛び出ていたり、逆にゆる過ぎて履きジワが斜めに錯綜していたらアウトです。


あわせて読みたい

ビジネスライフの記事をもっと見る 2019年3月13日のライフスタイル記事

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。