『スクリーン門限』で質の良い眠りを手に入れる

仕事のパフォーマンスを上げるのに不可欠なのは、良質な睡眠だ。しかしそれを妨げるのは「不安」や「緊張」である。

「明日起きられなかったらどうしよう」「早めに出社してプレゼンの準備をしなければ」

こういった意識や感情が心身の「安心」を損ね、眠りの質を低下させる。心地いい眠りのために必要なのは「安心感」だからだ。

では、「安心して眠る」状況をつくりだすために必要なのは何か。一流が通う“疲労回復専用ジム”ZERO GYM(ゼロジム)は、「寝る直前の仕込み」がポイントだという。

この記事では、ZERO GYMの著書『エグゼクティブ・コンディショニング』から、寝る前の三大準備のうちの一つを紹介する。


脳の戦闘モードを遮断! 『スクリーン門限』

 

『スクリーン門限』で質の良い眠りを手に入れる

すでにご存知の方も多いかもしれませんが、最重要事項がこちら。

「寝る1時間前からは、テレビやパソコン・スマートフォンなどのスクリーンを一切見ない」ということです。 

ニュースサイト『ハフィントン・ポスト』の創設者として知られるアリアナ・ ハフィントンさんは、睡眠を犠牲にして働いた結果、著しく心身を壊した経験 から、睡眠について深く学び、著書『スリープ・レボリューション』を上梓しました。彼女は、いい仕事をするためには良質な睡眠をとることが必須であり、 そのために、寝る前にスクリーンを見てはいけない、寝室にスマートフォンを 持ち込むなどもってのほかである、と語っています。 


あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスライフの記事をもっと見る 2019年6月6日のライフスタイル記事

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。