日本人の英語力が過去最低を更新、この数年間で急落

日本人の英語力が過去最低を更新、この数年間で急落

日本人は英語ができないとよく言われますが、この数年で致命的に急落していることが分かりました。詳細は以下から。

小中高校でみっちり勉強したにも関わらず、英語ができない日本人は驚くほど大勢存在しています。難関大学ですらカタコトの英語しか喋れず、英語の授業を受けたり英語の原著を読むことにすら困難を感じる学生も少なくありません。
これ自体はずっと外国人からの指摘はもちろん日本人自体が自覚していた状況でした。しかし、ただでさえ低かった日本人の英語力がここ数年で致命的なまでに低下していることが判明しました。
世界116ヶ国で外国語学習や留学などを手がけるEF(イー・エフ・エデュケーション・ファースト)社が2018年版の「EF 英語能力指数」を公開しました。それによると、日本の順位は参加した88ヶ国中過去最低となる49位で、スコアは「低い」に分類されています。
1位はスウェーデンで、オランダ、シンガポールと続き、「非常に高い」「高い」にはヨーロッパの国が多く並び、それ以外にはシンガポール、マレーシア、フィリピンのように英語が公用語や準公用語とされている国が並んでいます。
「低い」にカテゴリーされているのは47位の中国、48位の台湾、50位のパキスタン、51位がインドネシアとなっており、それ以外は中東や南米の諸国がランクインしています。
問題は、このランキングが開始された2011年は44ヶ国中14位で、英語力も「標準的」に分類されていたこと。その後参加国が増えた影響もありますが、毎年順位を落としながら2016年に「低い」に転落しました。

あわせて読みたい

記事提供社から

「日本人の英語力が過去最低を更新、この数年間で急落」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    日本語力が低下しているのだから当然でしょうね。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。