少子化で大学の淘汰が2020年から急加速へ、若年層向け産業に深刻な影響も

少子化で大学の淘汰が2020年から急加速へ、若年層向け産業に深刻な影響も

2019年度に800校を超えたとされる日本の大学の淘汰が急加速することになります。詳細は以下から。

厚生労働省の人口動態調査によると、2020年に大学に入学する世代(2001年生まれ)の人口は117万662人と、前年比2万人減となるそうです。
2018年度の大学進学率が過去最高となる57.9%だったことを踏まえると、実に1万1000人~1万2000人の新入生が減ることになります。
少子化で大学の淘汰が2020年から急加速へ、若年層向け産業に深刻な影響も

これだけでも十分なインパクトですが、問題なのが2020年から2024年までの人口数の推移。2001年に117万人いた大学に入学する世代の人口は106万人にまで減ります。つまり11万人も減るわけです。
2001年生まれ(2020年入学)1,170,662人
2002年生まれ(2021年入学)1,153,855人
2003年生まれ(2022年入学)1,123,610人
2004年生まれ(2023年入学)1,110,721人
2005年生まれ(2024年入学)1,062,530人
大学進学率が変わらないのであれば、わずか5年で6万人以上の新入生が減ることになる日本の大学。その後いったん盛り返すとはいえ、待っているのは右肩下がりを経た上での加速度的な若年人口の減少です。
少子化で大学の淘汰が2020年から急加速へ、若年層向け産業に深刻な影響も

また、社会保障費の増大や増税、実質賃金の低下などを背景に、団塊ジュニアや氷河期世代は可処分所得に乏しいケースがあるのも問題に。
子どもの教育への投資が限られるおそれがあるため、大学経営はもちろん教育・受験産業やおもちゃメーカーなど、子どもに携わるあらゆる産業への影響も懸念されます。
コメントを見る

【少子化で大学の淘汰が2020年から急加速へ、若年層向け産業に深刻な影響も】を全て見る

あわせて読みたい

BUZZAP!の記事をもっと見る 2019年7月7日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。