Intelついに王座陥落、第3世代Ryzen発売前なのにAMDとシェアが逆転

Intelついに王座陥落、第3世代Ryzen発売前なのにAMDとシェアが逆転

「新型プロセッサが発売されたから順位が逆転した」というわけではありません。詳細は以下から。

全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、CPU単体部門において2019年6月24日週のIntelのシェアが49.5%まで下がり、シェア50.5%のAMDに抜かれたそうです。
2018年10月1日週には72.1%を記録するなど、CPUで高いシェアを誇っていたIntel。脆弱性問題や供給不足などによって売れ行きが鈍り、ついにAMDと逆転してしまいました。
なお、この逆転劇の根深いところが「AMDの新型プロセッサが発売されたタイミングではない」という点。
むしろ7月7日の第3世代Ryzen発売直前という、AMDにとって最も不利なはずのタイミングで逆転してしまったわけです。
第10世代プロセッサの出荷が来年にまでずれ込むIntelを尻目に、売り上げを伸ばすAMD。Intelの失地挽回が待たれます。
コメントを見る

【Intelついに王座陥落、第3世代Ryzen発売前なのにAMDとシェアが逆転】を全て見る

あわせて読みたい

気になるキーワード

BUZZAP!の記事をもっと見る 2019年7月4日のIT記事
「Intelついに王座陥落、第3世代Ryzen発売前なのにAMDとシェアが逆転」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    殿様商売が終わるなら大歓迎

    16
  • 匿名さん 通報

    信じられない、据え置き機の採用を抜いてもなんだろうか??マックやファーウェイの台頭と意味するところは同じかね、信頼が保たれた上での価格力が覇権へのみ道と。そりゃXperia爆死するわな

    7
  • 匿名さん 通報

    >中国に技術売って金儲けたAMDさん絶好調っすね 何も理解出来ていない馬鹿発見

    4
  • 匿名さん 通報

    >全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、CPU単体部門において

    1
  • 匿名さん 通報

    中国に技術売って金儲けたAMDさん絶好調っすね

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「家電」のニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。