英国に進出している日系企業拠点は5,485拠点英国のEU離脱の影響は!?

東京商工リサーチ(TSR)は保有する国内企業データベースとDun & Bradstreet(ダンアンドブラッドストリート、本社・米国)の海外企業データベースを活用し、日系企業の英国進出状況を調査しました。この結果、英国に707社の日系企業が進出し、5,485カ所の拠点を展開していることがわかりました。

業種は、輸送に付帯するサービス業や一般機械器具製造業、卸売業など多岐にわたり、東京商工リサーチでは、「英国のEU離脱の動きは日系企業にも大きな影響を及ぼすことになる」としています。

産業別の最多は運輸業の1,408拠点、小売業・サービス業・製造業が続く

英国の日系企業5,485拠点のうち、産業別の最多は運輸業の1,408拠点(構成比25.6%)でした。2017年には国内大手の駐車場運営業者が英国で駐車場事業を展開する企業を連結子会社化する動きもありました。

次いで、小売業の1,207拠点(同22.0%)、サービス業の1,010拠点(同18.4%)、製造業の753拠点(同13.7%)と続きました。

英国に進出している日系企業拠点は5,485拠点英国のEU離脱の影響は!?

業種別最多は輸送に付帯するサービスの1,252拠点、次いで自動車小売業

産業を細分化した業種別では、最多は輸送に付帯するサービスの1,252拠点(構成比22.8%)でした。

次いで、自動車小売業(関連用品含む)、ガソリンスタンドの942拠点(同17.1%)が続きました。国内大手商社は、2011年に英国などでタイヤ小売などを展開する企業を買収しています。


あわせて読みたい

CANVASの記事をもっと見る 2019年3月27日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。