ビジネスマナー基本編 若手が知っておきたいシーン別事例を紹介

就職して社会人として働き始めると、仕事のスキルよりも先に求められるのがビジネスマナーです。この記事では、若手社員が知っておくと良いマナーを中心に、シーン別にビジネスマナーの事例を紹介します。

ビジネスマナーの大原則

ビジネスマナー基本編 若手が知っておきたいシーン別事例を紹介

ビジネスマナーは、細かく挙げるときりがないほどあり、それらをすべて完璧に守れている人は、経験豊富なビジネスマンでもなかなかいないものです。また、相手や場面によってそのとき取るべき行動は異なりますので、これが唯一の正解、というものはありません。

しかし、仕事で評価されている人ほど、ビジネスマナーの勘所を抑えているのも事実です。
その場にふさわしい振る舞いができるためのポイントは、「なぜビジネスマナーが必要なのか」を理解することです。細かい作法の前に、まず原則をしっかり押さえましょう。

ビジネスマナー基本編 若手が知っておきたいシーン別事例を紹介

マナーとは、「礼儀作法」を意味します。相手を尊重する気持ちから作られる、お互いが心地良い時間・空間を共有するための共通ルールです。
そしてビジネスマナーは、スムーズに効率よく仕事を運ぶためのコミュニケーションのルールといえます。

コミュニケーションが良好であれば、社内の関係者からの協力を得やすく、仕事が円滑に運ぶようになりますし、取引先との関係も良好になり、信頼を寄せられるようになります。

その結果として、下のような効果が得られます。

  • 安心して上司や同僚から仕事を任せてもらえる=高評価や昇進のチャンス
  • 頼んだことを滞りなくやってもらえる=プロジェクトの円滑化
  • 提案を聞いてもらえる=営業成績アップ

あわせて読みたい

気になるキーワード

CANVASの記事をもっと見る 2019年4月24日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。