"放置口座"は今すぐチェック! お金が減ったり、没収されたりする可能性も!

"放置口座"は今すぐチェック! お金が減ったり、没収されたりする可能性も!
拡大する(全4枚)

三菱UFJ銀行が、2020年度より2年出し入れしていない不稼働口座に対し年間1200円の手数料を導入する計画を発表しました。また2018年1月に施行された「休眠預金等活用法」により、2019年から長年使われていない預金が預金保険機構に移管され始めています。
放置している口座からこのような原因で、知らないうちにお金が動いているかもしれません。

利用のない口座に手数料がかかっているかも?

"放置口座"は今すぐチェック! お金が減ったり、没収されたりする可能性も!

「2年間取引がない不稼働口座に年間1200円の手数料を導入する」という三菱UFJ銀行の計画。新規開設の口座が対象となり、既にある口座への手数料は検討していないようです。不稼動口座への手数料導入は、これが実現すればメガバンクとしては初ですが、りそな銀行や信用金庫では既に実施されています。今回の発表に追随して、いずれほかの銀行もこのような体制を取るかもしれません。

りそな銀行では、2004年から新規開設口座に未利用口座管理手数料を導入しています。未利用口座とみなされるのは、最後の預け入れまたは払戻しから2年以上、利用のない普通預金口座です。残高が手数料未満の口座に関しては、残高を手数料として口座自体が解約されます。

自分の利用する口座が未利用口座に該当する場合には、事前に届け出ている住所にその旨の案内文書が届けられます。文書到着後3ヶ月以内に口座を利用、もしくは解約すれば手数料がかかりません。ただし、住所変更をしたなどの理由で文書が届かなくても、到着扱いとみなされてしまうので、通知がきちんと届くように登録情報が最新のものか確認すべきでしょう。


この記事の画像

「"放置口座"は今すぐチェック! お金が減ったり、没収されたりする可能性も!」の画像1 「"放置口座"は今すぐチェック! お金が減ったり、没収されたりする可能性も!」の画像2 「"放置口座"は今すぐチェック! お金が減ったり、没収されたりする可能性も!」の画像3 「"放置口座"は今すぐチェック! お金が減ったり、没収されたりする可能性も!」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

CANVASの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク