絢爛豪華な衣装やセットを堪能しつつ、破滅的な恋に酔いしれる。濃厚な文学大作映画『アンナ・カレーニナ』

絢爛豪華な衣装やセットを堪能しつつ、破滅的な恋に酔いしれる。濃厚な文学大作映画『アンナ・カレーニナ』
ロシアの文豪、トルストイの『アンナ・カレーニナ』。これまで何度も映画化されてきたこの文学大作ですが、今回映画化に臨んだのは『つぐない』『プライドと偏見』のジョー・ライト監督×キーラ・ナイトレイのコンビ。毎回、文学作品の映画化で優美な世界観を見せてくれたコンビだけに、今作も期待どおりの映像美を堪能できました。特に衣装やセットが豪華で、先日のアカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞したのも納得です。


舞台は19世紀のロシア。政府高官カレーニンの妻、美しいアンナ・カレーニナは、サンクトペテルブルク社交界の華として、人々を魅了していた。ある日、兄を訪ねモスクワに降り立ったアンナは、駅で若き将校ヴロンスキーと出会い、ふたりはひとめで惹かれ合い恋に落ちる。愛のない結婚をしたアンナは、初めて知った情熱を貫くため社交界と家庭を捨てる決意をする......というストーリー。


よく知られたストーリーですし、メロドラマ的でもあるので、わかりやすいのですが、この作品では、カレーニンを演じたジュード・ロウが、おでこの禿げあがったカツラをかぶってもなおカッコよく、また世間体と妻への愛に揺れて思い悩むという深みのある人物として描かれていたので、アンナがどうして夫を捨ててヴロンスキーを選ぶのかがちょっと共感しにくかったですね。これは個人的な好みの問題かもしれませんが。


物語は、アンナの恋愛を描きながら、サブストーリーとして、アンナの姪のキティの恋愛も描いています。絢爛豪華ではあるけれど、劇場の中だけで完結しているような閉じられた世界で展開するアンナの恋愛と、素朴で地味ながら、壮大な自然に向かって開かれていくキティの恋愛。結果的に、全く違う2本の映画を見たような印象になったのが面白かったです。

あわせて読みたい

Mashing upの記事をもっと見る 2013年3月28日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。