人気女優の手で映画化。ビジネスウーマンだったバービーの生みの親の生涯

人気女優の手で映画化。ビジネスウーマンだったバービーの生みの親の生涯
1959年の誕生以来、半世紀以上も世界中の少女から大人のコレクターまで魅了し続けているバービー。リカちゃんで遊んでいた私ですが、バービーにはちょっと手の届かない宝物のような憧れを感じていました。

この世界一有名な人形の誕生と、その生みの親にフォーカスした映画の企画が進んでいます。製作を手がけるのはリース・ウィザースプーン。

原作は2010年、ロビン・ガーバー著の『Barbie and Ruth: The Story of the World's Most Famous Doll and the Woman Who Created Her』です。

バービー人形の生みの親はビジネスウーマン

本の題にあるルースというのは、ルース・ハンドラー。写真立てから始まって、おもちゃを作るようになったマテル社の社長、エリオット・ハンドラーの妻でした。

ルースは、娘のバーバラが遊んでいた紙製の着せ替え人形を見て、しっかり作られた立体的な着せ替え人形を作ろうと思い立ちます。ドイツの「ビルド・リリ」人形を参考にして完成した人形を、娘の名を取って「バービー」と呼びました。ちなみに、ボーイフレンドの「ケン」も、ルースの息子ケネスからなんです。

ルースは、マテル社の筆頭商品を生み出しただけではなく、1967年には同社の社長に就任。マーケティングやブランディングも手がけ、同社の発展に大きく貢献したのです。

おもちゃ以外にも女性に貢献したルース

あわせて読みたい

Mashing upの記事をもっと見る 2015年12月7日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら