生涯ファッションに恋をしたビル・カニンガムに、わたしたちも恋してた #RIP

生涯ファッションに恋をしたビル・カニンガムに、わたしたちも恋してた #RIP
2016年7月3日の「ニューヨーク・タイムズ」日曜版。多くのページを割いて特集したのが、6月25日に87歳で永眠したカメラマン、ビル・カニンガムです。ストリートスナップの先駆けとしてファッション関係者から愛されたビル。

記事のみならず、たくさんのブランドが一斉に追悼広告を出し、この一見風変わりな、でも、愛され信頼された老カメラマンの死を悼みました。

生涯ずっと、ファッションに夢中

ビルのファッションに対する純粋な愛や、ストイックな仕事ぶりについては以前にも紹介しました。

しかし、改めて「ニューヨーク・タイムズ」に掲載された彼自身による半生の回想を読むと、ビルが少年のころから一貫してファッションに夢中だったことを再認識させられます。

ボストンに住んでいた少年時代、バイトの昼休みには道行く人のファッションを夢中で眺め、日曜日に教会へ行けば女性たちの帽子が気になって礼拝に身が入らず。ハーバード大学を中退後、若いころからのパッションを貫いてNYで帽子店をオープン。さらにファッションライターへと活躍の場を広げます。

彼のファッションジャーナリストとしての人生を決定的なものにしたのが、とあるカメラマンからプレゼントされた35ドルのオリンパスのカメラです。

おもしろい言い方をすれば、私はコレクターというより記録係です。私は価値があるかに興味がありませんが、歴史的記録となることは十分心得ているのです。

「New York Times」より翻訳引用


あわせて読みたい

Mashing upの記事をもっと見る 2016年7月18日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら