#12 秘境とビーチリゾート。タイで両得できる旅(後編)【大人目線のバンコク案内】

#12 秘境とビーチリゾート。タイで両得できる旅(後編)【大人目線のバンコク案内】
本当に心安らぐリゾートは、この地球にどれ位残っているのでしょうか。有名ビーチには団体客がどっと押し寄せ、夜の歓楽街は遅くまで賑やか。そうではなくて波の音だけを聞きながら、ゆっくり夕陽を眺めたい。そんなシンプルな欲求を満たしたいならタイ最後の楽園へ、いざ。

車もコンビニもない、自然豊かな南の島

前回ご紹介した温泉の街ラノーンからスピードボートで30分。アンダマン海に浮かぶパヤム島が今回の旅の目的地です。
ラノーンで温泉を満喫してから島に渡るもよし、ラノーンに滞在しながらの日帰りトリップも可能。日本での認知度はまだ薄いものの、混雑するプーケットやクラビ、ピピ島を避けて、ゆっくり休暇を取りたい欧米人に人気の島です。
パヤム島は、大規模なリゾート開発の手がまだ及んでいない、豊かな自然に覆われた島。コンビニチェーンの看板も無いので、非日常的気分がぐんと盛り上がります。
しかも自動車は基本乗り入れておらず、島内交通はバイクのみ。南国の風を受けながら、延々と続くヤシ林をバイクで颯爽と走り抜けるのは、なんて気持ちがいいことか!

まるで映画。完璧なサンセットを独り占め

大自然の中といえどもハードな旅を強いられるのではなく、リゾート要素がすべてそろっているのがパヤム島のいいところ。気になる宿泊も、200USドル前後のラグジュアリーリゾートから、10USドル程度のホームステイまで選りどりみどりです。

島内に4つあるビーチのうちで、一番人気は西海岸のアオヤイビーチ。白い砂浜が果てしなく続くロングビーチは、思い描いていた南の島のイメージとズバリ重なります。

あわせて読みたい

Mashing upの記事をもっと見る 2016年8月8日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら