#22 わたしたちに見えなかったヒラリーの敗北【NYで生きていく】

#22 わたしたちに見えなかったヒラリーの敗北【NYで生きていく】
拡大する(全2枚)
2016年11月9日。アメリカ大統領選挙で、大方の予想をくつがえし、ヒラリー・クリントンの女性初の大統領へ挑戦は叶いませんでした。

これまで、さんざん女性やイスラム教徒・ヒスパニックなどのマイノリティに対して蔑んだ言動を繰り返してきたドナルド・トランプが次期大統領に選ばれたことに、アメリカ国内ならず、日本を含む世界中の女性たちが衝撃を受けています。

圧倒的な民主党主義であるニューヨークに住んでいると、周囲にトランプを支持する人は一人もいません。インスタグラムにアップされるハリウッドセレブのポストもヒラリーを支持するものばかり。日本での反応も同様でした。

メディアでも8割以上の確率でヒラリーの勝利を予想していましたし、トランプの度重なる暴言に、同じ共和党の重鎮たちでさえ見放す始末。ごく一部の熱狂的なトランプ支持者といっても、全体の1、2割だろうとたかをくくっていたのです。

そんな楽観的な見通しは間違っていたのかもしれない......まさか、トランプが本当に当選するかもしれない......という思いが初めてよぎったのは、投票終了から数時間、ニューヨーク時間の夜中12時ごろ。

「どうなってるの!?」「いま起こっていることが信じられないわ!」といった携帯メールが友人たちから入るようになりました。そして、その2時間半後、それが現実のものとなってしまいました。

一体何が起こったのだろう?どうしてこんなことになってしまったのだろう?

この記事の画像

「#22 わたしたちに見えなかったヒラリーの敗北【NYで生きていく】」の画像1 「#22 わたしたちに見えなかったヒラリーの敗北【NYで生きていく】」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Mashing upの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク