ワインの味はグラス次第で変わる。だからソムリエ絶賛ブランドで

ワインの味はグラス次第で変わる。だからソムリエ絶賛ブランドで
ワインのおいしさを、可能な限り最大限に近い状態で味わえるよう、家庭用グラスにはこだわるようにしています。とくにガラスの厚みと口あたりの違いは、如実に味わいが変わります。

ドイツのグラスブランド『Zalto』

いま購入を検討しているのは、ドイツのワインマガジン『STERN』誌が2009年に主催したコンペティションで、ソムリエに絶賛されたブランド「Zalto」です。

『Zalto』は、もともとオーストリアのワイナリーでテイスティンググラスとして愛用されていたブランド。

『STERN』誌が2009年に主催したコンペンションにて、「リースリング」「ブルゴーニュ」「ボルドー」の3部門すべてで1位を獲得して以降、オーストリアだけでなく、世界各国のワイナリーやレストラン、そして世界のワイン愛好家に、その名が広がりました。

材料不足を補う知恵から生まれた奇跡のガラス

『Zalto』のグラスは、驚くほど軽く、そして繊細という特徴があります。

その秘密は、「鉛を使っていない」こと。

『Zalto』のグラスは、カリクリスタルと呼ばれる無鉛クリスタルガラスで製造されています。

カリとは、酸化カリウム(木炭)を指します。酸化鉛を含まず、酸化カリウムを含むカリクリスタルガラスは、クリスタルを作るために必要なソーダ灰が入手しづらかった、ボヘミア地方の人びとの知恵から生まれたものです。

鉛を使わないガラスを作った結果、透明度が高く、強い硬度を保ちながらしなやかさもあるグラスの誕生に繋がりました。

あわせて読みたい

cafeglobeの記事をもっと見る 2017年1月18日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。