性革命が私たちにもたらしたダブルバインド/『フリーセックス—真の自由とは?—』濱野ちひろ

性革命が私たちにもたらしたダブルバインド/『フリーセックス—真の自由とは?—』濱野ちひろ
       
Image via Getty Images

ノンフィクションライターの濱野ちひろさんが解説する「ドキュメンタリー映画が映し出す、この世界というもの」。第2回はアメリカの大学生を中心として流行しているという“フックアップ・カルチャー”を追った『フリーセックス —真の自由とは?—』について。

私たちはいま、セクシュアリティに関する大変革期を生きている。

現在は、LGBTQへの認知や理解が進み、性的多様性に対し寛容な社会が作られようとしている段階だ。性の抑圧に対する抗議運動にはすでに一世紀余りの歴史がある。最初期段階は1860年代のドイツ語圏で起きた。当時は男性同性愛に関する擁護運動だった。非常にざっくりとした説明にはなるが、その後、欧米圏を中心に同性愛解放運動や性解放運動が展開されていく。

運動のなかで、非異性愛的なセクシュアリティだけではなく、異性愛のセクシュアリティも当然ながらテーマとなってきた。詳しくは後述するが、特に1960年代以降、女性の性をどう捉えるのかということは、とても大きな問題として考えられるようになる。

私たちはいま、その後の時代にいる。性的多様性についての議論が充実するのは本当に素晴らしい。だがあえて言うなら、今度は異性愛についての議論が不足しつつあるような印象を個人的には受けている。

今回は、異性愛社会における性の問題、私たちが見落としそうになっている点について考えるきっかけとなった映画を取り上げる。描かれているのは一部の異性愛者たちが身を置く2017年現在の状況なのだが、実際のところそれは旧態依然として、なにも進歩してないのではとさえ思えるものだった。


あわせて読みたい

Mashing upの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月28日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。