ビジネスと環境の関わり方で未来は変わる? ヒントは「サーキュラーエコノミー」にあり/530 conference 2019開催レポート

ビジネスと環境の関わり方で未来は変わる? ヒントは「サーキュラーエコノミー」にあり/530 conference 2019開催レポート
ここ数年、その深刻さに話題を集める海洋のごみ問題。プラスチックごみを誤食したり破片がカラダに巻き付いたりしている海洋生物の姿を見て、胸が痛むのと同時に、申し訳ない気持ちにさいなまれます。

2050年には、海洋にいるすべての魚と海洋プラスチックごみの量が同等になると予測されています。

しかし問題は海洋生物に限ったことではありません。そう遠くない、いえ、かなり近い将来に“全人類”の生活がおびやかされると予測されるほど、地球の健康状態は悪化しているのです。

2019年5月30日(木)、渋谷のTRUNK(HOTEL)とSHIBUYA CAST.のふたつの会場で、サスティナブル(持続可能)な社会の実現に向けて、個人だけでなく“ビジネスが環境とどう新しい関係を築くか”を考えるイベント「530 conference 2019」が開催されました。530は“ゴミゼロ”と読みます。

遠い未来の話じゃない。このままでは2030年にも大変なことになる?

WWF(世界自然保護基金)が警告するのは、急増する世界人口とそれに伴う過剰消費の悪循環によって、現在の生活水準のままでは2030年までに地球2個分以上の二酸化炭素吸収能力と天然資源が必要になるということ。

さらに、2050年までに多くの主要な物質資源は、いま現在ある埋蔵量をほぼ使い切る、または種類によっては埋蔵量の2倍以上の量が必要になることも発表されています。

渋谷のTRUNK(HOTEL)で行われた基調講演。

あわせて読みたい

Mashing upの記事をもっと見る 2019年6月19日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。