AIが芸術を評価する時代がやってくる/徳井直生さん[前編]

AIが芸術を評価する時代がやってくる/徳井直生さん[前編]
2045年頃に迎えるというシンギュラリティ(技術的特異点)について各界の有識者と検証し、次世代の未来に遺すべき価値観を探る連続インタビュー。第10回は、AIを「人間の創造性をサポートするパートナー」と位置づけ、作品制作やシステム開発を手がけているQosmo代表/慶應義塾大学政策・メディア研究科准教授の徳井直生さんに、AIとのコラボレーションについて聞きました(全3回掲載)。

徳井直生(とくい なお)さん/Qosmo代表取締役、アーティスト、研究者
東京大学工学系研究科博士課程修了。在学中から人工知能(AI)に基づいた音楽表現とユーザ・インタフェースの研究に従事するとともに、DJ/プロデューサーとして活動。2009年、Qosmoを設立。AIを用いたインスタレーション作品や、ブライアン・イーノのミュージックビデオ制作などを手がけている。2019年にはDentsu Craft Tokyo、Head of Technologyに就任。2019年4月より慶応義塾大学(SFC)准教授。

AIとコラボレーションができる!?

——徳井さんは研究者であると同時に、DJ/音楽プロデューサーとしても活躍し、人工知能(AI)とコラボレートした「AI DJ」プロジェクトなる試みもされています。なぜAIとのコラボを思いついたのですか?

徳井直生(以下、徳井):今からちょうど20年前、自分が大学生のときに所属していたのが、ちょうど人工知能の研究室でした。ただし当時は

あわせて読みたい

cafeglobeの記事をもっと見る 2019年5月31日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。