LGBT旅行客に観光業界はどう対応する? チェックインや入浴時に配慮すべきこと

LGBT旅行客に観光業界はどう対応する? チェックインや入浴時に配慮すべきこと

LGBTの認知が高まる中、LGBTに配慮しようというホテルや自治体が増えている。そうした中、アウト・ジャパン(東京都千代田区)は3年ほど前から、ホテルや自治体向けの「LGBTツーリズム研修」を実施している。


同社の代表で、国際ゲイ・レズビアン旅行協会(IGLTA)のアジア・アンバサダーも勤める小泉伸太郎さんは、「LGBTフレンドリーであるということをきちんとアピールすれば、LGBT旅行客の取り込みにつながる」と話す。


「同性同士でダブルベッドの部屋を予約すると変な目で見られることも」



小泉さんによると、ゲイ・レズビアンの旅行客は、ホテルや旅館で偏見の目で見られることがあるという。



「例えば、男性同士や女性同士でダブルベッドの部屋を予約すると、チェックインの時に『ツインじゃなくていいんですか?』と確認されることがあります。同性同士でダブルベッドの部屋を予約していると変な目で見られることがあるんです。こういった時、『ダブルのご予約ですね?』と自然に聞いてもらえれば、友人同士なのに間違えて予約したなら『違います。ツインです』と答えればいいですし、同性カップルなら『そうです』とだけ答えればいい。こうした心遣いが必要です」


男女カップルなら2人揃ってチェックインできるのに、同性愛カップルの場合は、人目を気にしてどちらか1人だけでチェックインを行うこともある。また、旅館のカップル割引や映画館、飲食店などのカップルシートが使いづらいといった問題があるという。


当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「LGBT」に関する記事

「LGBT」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「LGBT」の記事

次に読みたい「LGBT」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。