2018年の不祥事ランキング1位「日大アメフト部悪質タックル問題」 トップ10にスポーツ界の不祥事4つ

2018年の不祥事ランキング1位「日大アメフト部悪質タックル問題」 トップ10にスポーツ界の不祥事4つ
       

広報・メディアの専門雑誌『広報会議』は、「2018年ワースト不祥事ランキング」の結果を発表した。今年「最もイメージダウンした出来事」1位は「日大アメフット部悪質タックル問題」(58.1%)だった。


調査は、全国の20から60代の男女1000人を対象に実施。1月から10月の間に起きた、個人・組織・企業の不祥事18例の中から、最もイメージダウンした出来事を3つまで選択してもらった。


2位は「『はれのひ』成人式の日に突然の営業中止」



日大アメフト部のタックル問題を選んだ人からは



「大学が学生を守ろうとしていなかった」(21歳・女性)
「記者会見の時の日大側広報担当の対応のまずさで決定的になった」(42歳・男性)
「大学の印象が悪くなり、新入生に不安感を与えた」(27歳・女性)


などの声が出ている。日大アメフト部を巡る一連の騒動では、理事長や学長の責任を問う声が大きかったにも関わらず、対応が遅れるなどの不手際もあった。学部によってはオープンキャンパスの来場者数が3割減少している。大学のブランドに大きな傷を付けたことは間違いない。


2位以下は「『はれのひ』成人式の日に突然の営業中止」(48.2%)、3位は「レスリング・伊調馨選手、栄和人氏をパワハラ告発」(22.6%)だった。


1位の日大アメフト部の騒動、3位の伊調馨選手のパワハラ告発を始め、6位の「日本ボクシング連盟、内部告発と助成金の流用問題」(16.8%)、8位の「体操界におけるパワハラ告発問題」(11.2%)など、トップ10にはスポーツ界の不祥事が多くランクインしている。


当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。