ますます追いやられる喫煙者 セブンが都内店舗の灰皿撤去で憩いの場なくなる

ますます追いやられる喫煙者 セブンが都内店舗の灰皿撤去で憩いの場なくなる

この世には、色んな意味で肩身の狭い思いをしている人がいる。たとえば派遣社員。たとえばシングルマザー。たとえば学歴が不十分で本来のスペックを発揮できていない社会人。それぞれの背景には、それ相応の哀しい過去があるんだけど、一口に肩身が狭いと言っても「まあ、しょうがないね」で済まされがちな人たちもいる。それが喫煙者だ。


時代の流れかもしれないが、今回は、そんな彼らがますます肩身の狭い境遇になるであろう事例を紹介したい。コンビニ大手のセブンイレブンが、都内店舗から灰皿を撤去する動きを見せている。(文:松本ミゾレ)


オーナーの判断次第だが既に撤去を決めているところも



思えば喫煙者ほど、ここ20年、30年の間に立場が急激に窮屈になった人たちもいないんじゃないだろうか。昔は歩きタバコも全く問題にならなかったし、電車の中にも灰皿があったし、飲食店では子供がいようとスパスパとタバコを吸うおっさんだらけだった。


しかし、当然ながらタバコは体に悪い。さらに副流煙で周囲の人にも害を及ぼす。そういうことが医学的に証明されて行くにつれ、喫煙者は文字通り、煙たがれる存在となっている。


そしてこの流れは加速する一方のようだ。セブンイレブン・ジャパンは、11月頃から都内のコンビニエンスストア加盟店に向けて、店頭に設置している灰皿の撤去を呼びかけていたという。


撤去は強制ではなく、あくまでもオーナーの判断に委ねられるというが、既に撤去を決定している店舗もあるようだ。そういった店舗においては、12月3日から店内ポスターでの告知を行い、程なく灰皿が撤去される運びになる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2018年12月5日の社会記事
「ますます追いやられる喫煙者 セブンが都内店舗の灰皿撤去で憩いの場なくなる」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    喫煙者は自己中が多い

    5
  • 匿名さん 通報

    匿名さん 2018/12/06 03:45、当たり。ヤニ中は総じて頭逝かれている

    5
  • 匿名さん 通報

    すれ違い副流煙として「赤の他人に」責任を取っていただく訳だが。

    1
  • 匿名さん 通報

    じつは嫌煙運動家のほうが狭量。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュース

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「デパート」のニュース

次に読みたい関連記事「デパート」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュース

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。