勤務時間外の連絡、「ストレスになる」が8割 「メール等を業務の一貫として意識している企業が少ない」

勤務時間外の連絡、「ストレスになる」が8割 「メール等を業務の一貫として意識している企業が少ない」


フリーター・既卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」を運営するレバレジーズは12月14日、勤務時間外の業務連絡に関するアンケート結果を発表した。調査は今年11~12月にネット上で実施し、正社員経験のある18~30歳の男女96人から回答を得た。


勤務時間外に業務に関する連絡が来たことがある人は62%、そのような連絡に対応すると回答した人は93.2%にのぼる。


■過労死事件では多くのケースで業務外の連絡が影響


勤務時間外に来る勤務先からの連絡手段を聞くと、最も多いのは「電話」で41.8%。次いで「LINE」(31.6%)、「メール」「企業で使用しているチャットツール」(同12.7%)と続く。同社は、携帯電話の普及で仕事の利便性は向上したが、相手の時間を考えずに連絡可能となる事実があると指摘する。


一方、勤務時間外に来る業務連絡に"対応しない方法"を聞くと、「無視をする」(66.7%)が最多。次いで「返信で一言添えて業務時間内で対応する」(33.3%)となった。


勤務時間外の連絡を「ストレスになる」と回答した人は83.1%。電話やメールをする側は意識がないまま行ってしまっているかもしれないが、これらの行為も立派な業務にあたる。従業員のストレス回避のためにも、業務外の連絡は控えるべきだろう。


同社は「チャットツールやメールを業務の一貫として意識している企業が少ない」といい、過労死事件で亡くなっている大半の人が業務時間外の連絡が影響しているとコメント。「便利さに頼るだけでなく、便利だからこそ起こりうる事件があると認識することが重要」としている。

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2018年12月14日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。