アマゾンジャパン「給料アップを目指すのであれば大変良い職場」 物流系職種が働きやすい会社ランキング

アマゾンジャパン「給料アップを目指すのであれば大変良い職場」 物流系職種が働きやすい会社ランキング


企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は12月19日、「物流系職種が働きやすい企業ランキング」を発表した。


物流系職種として真っ先に思い浮かぶのは、倉庫や物流センターでの倉庫管理・入出荷やドライバーなどだが、そのほかにもフライトアテンダント、パイロット、航空管制官、鉄道乗務員、船舶乗務員などが含まれる。物品や旅客の輸送に関するすべての工程に物流系職種が携わっており、旅客輸送を担う駅や空港をはじめ、日常生活で接する機会が多い職種も数多くある。


輸送手段や荷種などによっても業務内容は異なるが、実際に物流系職種として働きやすいのはどんな企業なのだろうか? 「キャリコネ」ユーザーによる評価(総合評価)が高い企業トップ10を口コミと併せて紹介する。


JR東日本「基本的に残業はない。休日出勤も基本的に発生しない」


1位:JR東日本(東日本旅客鉄道)
~輸送トラブルの際の残業代は分単位で支給、福利厚生も充実~


アマゾンジャパン「給料アップを目指すのであれば大変良い職場」 物流系職種が働きやすい会社ランキング


一日に1700万人が利用し、約1万2200本の列車を運行する「JR東日本」。新卒を対象とするプロフェッショナル採用では入社後、乗務員など鉄道事業を支える現場での経験を積み、将来は企画部門や現場の管理者などマネジメントを担うことも。


2017年度実績で時間外勤務の平均は年150時間程。口コミからは、人身事故や災害などの輸送トラブルがない限り、基本的には残業や休日出勤なども少なく、分単位で残業代がつき、寮や社宅などの福利厚生が充実していることが伺える。労働時間や休日の満足度など全項目で高得点を獲得している。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年1月5日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。