「モチベーションは上司の行動に左右される」新卒3年目の8割 1年で最もやる気が高いのは1月と4月

「モチベーションは上司の行動に左右される」新卒3年目の8割 1年で最もやる気が高いのは1月と4月
拡大する(全2枚)


東京未来大学は1月10日、「仕事のモチベーション」に関する調査結果を実施した。調査は2018年11月にウェブ上で実施し、転職経験のない新卒3年目の男女300人から回答を得た。


月ごとのモチベーション度合いを0~10点でつけてもらうと、1年の中でモチベーションが高くなるのは1月と4月(同5.1点)。4月以降、ゆるやかに下降し10月と11月(同4.7点)が最も低い。モチベーション維持が出来ていないことを示唆する結果となった。


■モチベーションが上がる上司の行動、男性「労いの言葉」、女性「意見を聞いてくれる」


モチベーションが高くなるのは、心機一転できる時期のようだ。モチベーションが上がる理由を聞くと、1月、4月共に「今年(度)こそ仕事を頑張ろうと思っている」(1月:21%、4月24.3%)が最も多かった。1月は他に「長期休暇で日ごろの疲れがリセットされている」(20.3%)、「長期休暇を経てそろそろ仕事がしたくなっている」(18%)という声も少なくない。4月は、「新入社員が入ってくる」(22.7%)、「過ごしやすい気候」(14%)という意見もあった。


仕事におけるモチベーションは上司の資質に左右されると思うか聞くと、「非常にそう思う」「そう思う」の合計が81%となった。モチベーションが上がる上司の行動1位は、男女ともに「仕事ぶりを評価する」(男性59.1%、女性60.2%)。


以降、男性は「労いの言葉をかける」(48.7%)、「業務の説明をしっかりとする」(45.2%)、「意見に耳を傾ける」(41.7%)と続く。女性は2位が「意見に耳を傾ける」(55.5%)で、「ねぎらいの言葉をかける」(51.6%)、「個人的な感情を持ち込まない」(45.3%)と続く。


この記事の画像

「「モチベーションは上司の行動に左右される」新卒3年目の8割 1年で最もやる気が高いのは1月と4月」の画像1 「「モチベーションは上司の行動に左右される」新卒3年目の8割 1年で最もやる気が高いのは1月と4月」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「働き方改革」に関する記事

「働き方改革」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「働き方改革」の記事

次に読みたい「働き方改革」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。