女性の不機嫌は「共感してから謝る!これだけ!」『妻のトリセツ』に注目集まる 加藤浩次「ここまでやれる男って浮気できる男」

女性の不機嫌は「共感してから謝る!これだけ!」『妻のトリセツ』に注目集まる 加藤浩次「ここまでやれる男って浮気できる男」
拡大する(全2枚)


夫に不満を持つ妻が多いと話題になる中、1月18放送の「スッキリ!」(日本テレビ系)では、夫婦円満のコミュニケーションを解説した『妻のトリセツ』(講談社)著者の黒川伊保子さんが生出演。司会の加藤浩次さんら男性出演陣に対して、「夫が妻にするべき言動」をクイズ形式で出題し、ガンガンダメ出ししていた。


黒川さんは、具体的な場面や言葉の例を挙げながら、夫にしてほしい配慮を解説。結婚歴17年の加藤さんはこれに、「ここまでやれる男ってホントに、浮気のできる男だと思うよ」などと抗弁する場面もあった。(文:okei)


■ネットでは「女って面倒くさい」「女ってこう、と決めつけられたくない」と物議


著者の黒川さん(結婚歴33年)は人工知能における会話の研究を36年続ける中で、男女で気持ちいいと感じる会話スタイルがまったく違うことに気づいたそう。「これは知っておいた方が、夫の立場である人の身のためだと思って」この本を書いたという。反響は大きく、「妻との関係が良くなりましたというメールを山ほど頂きました」と語る。


一例として、妻が「腰が痛い」と訴えたとき、夫は「病院行きなよ」とか「湿布を貼ったら?」と言ってしまうが、これがダメだという。男性は「問題解決脳」なので素早く解決することをよしとするが、女性が求めているのは「共感」だと説く。


ベストな返答は、「ああ!そりゃつらいよね」とまず共感し、次いで「何か手伝おうか?」などと思いやりのある言葉をかけること。他に挙げられた具体例でも、すべて「男性が察して家事をする」「遅れた事実を謝るのではなく、悲しい気持ちにさせたことを謝る」など、男性側の配慮を求めている。黒川さん曰くセオリーはひとつで、


この記事の画像

「女性の不機嫌は「共感してから謝る!これだけ!」『妻のトリセツ』に注目集まる 加藤浩次「ここまでやれる男って浮気できる男」」の画像1 「女性の不機嫌は「共感してから謝る!これだけ!」『妻のトリセツ』に注目集まる 加藤浩次「ここまでやれる男って浮気できる男」」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月22日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。