ボーナスが少ない人達の嘆き「査定すらない」「この10年間、10万円を超えたことがない」

ボーナスが少ない人達の嘆き「査定すらない」「この10年間、10万円を超えたことがない」


93万4858円。これは2018年12月に経団連が発表した「2018年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果」に掲載された、大企業のボーナス平均額だ。2017年末に比べて6.14%増という驚異の伸び率で、過去最高額を更新した。伸び率が6%を超えたのは1990年以来、28年ぶりだ。好景気と言われて久しいが、やはりお金のあるところにはあるのだろう。


一方で、「ボーナス?何それ??」「自分には関係ない」という人もいる。企業口コミサイト「キャリコネ」には、ボーナスが少ない企業で働く人々のリアルな声が寄せられている。


「1.3か月分くらいしか出ない」



「昇給なし、ボーナスは寸志。サービス残業も少しあった。同業他社では給料やボーナスも多いので、そこに転職する人もいる」(生産・製造技術 30代後半男性 正社員 年収260万円)
「内勤だと正社員でも手取り15~17万が限界。外回りで10年働いても19万前後が限界。ボーナスも1.3か月分くらいしか出ない」(サポートエンジニア 20代後半男性 正社員 年収250万円)
「基本給が低くボーナスも少ないので、社内の人は出張に行きまくり、手当てで補填している。そのため無駄な出張が増えて経費が増え、業績も上がらないという悪循環に陥っている」(ルートセールス 30代後半男性 正社員 年収450万円)


ボーナスは貰えるが、金額に満足していないという口コミが多く寄せられた。寸志程度の額、基本給の1.3か月分など、とても93万円に及ばない金額だ。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。