SKE松村香織の12年前の履歴書公開したカフェ 法的に問題があるのか弁護士が解説

記事まとめ

  • 松村香織さんが、かつての勤務先のメイドカフェに自身の履歴書をTwitterで公開されていた。
  • 落合洋司弁護士によると、今回のケースは「違法と判断される可能性が比較的高い」と言う。
  • 「芸能人にプライバシー権はない」というカフェの反論は「誤った解釈ではないか」とみていた。

SKE松村香織の12年前の履歴書公開したカフェ、法律的にどうなの? 「芸能人にプライバシー権ほぼない、は誤った解釈」と弁護士

SKE松村香織の12年前の履歴書公開したカフェ、法律的にどうなの? 「芸能人にプライバシー権ほぼない、は誤った解釈」と弁護士


SKE48を卒業した松村香織さん(29)は2月6日、かつての勤務先のメイドカフェが、自身の応募・在籍時の情報をツイッターで公開したことに、不快感をあらわにした。メイドカフェは東京・秋葉原に店舗を構える「ミアカフェ」。同店アカウントは、松村さんが採用面接のために送ったデータから、当時の好きなアニメ、応募時までのバイト歴、応募理由などをツイッターで公開したほか、



「社内ルールギリギリで問題をおこすため、全スタッフから『明確な違反は無いけど二度と一緒に仕事したくない』といわれた伝説の人」


ともつぶやいていた。


店側は「個人を特定する情報はひとつもアップしてないよ」と反論していた


松村さんは、アカウントのツイートを画像として添付した上で「当時の家の住所など色んな個人情報を未だに保有されていると思うと、気持ち悪いし怖い」と述べていた。しかしミアカフェのアカウントは今回の行動について7日、



「なんか、いろいろ騒いでるけど、芸能人の過去に勤めていたお店に芸能リポーターが突撃して、レポすることも違法? 個人を特定する情報はひとつもアップしてないよ」
「プライバシー権とか言い出す人がいたけど、芸能人については引退するまでは、プライバシー権については、ほぼ存在しない」


とツイート。松村さんやそのファン、今回の行動を問題視する人らに反論していた。


ミアカフェの行為に、果たして問題はないのか。落合洋司弁護士によると、採用関連で得た情報を第三者に無断で公表することは、個人情報保護法の違反と、民法上の不法行為(プライバシー権侵害)になる可能性があるという。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月7日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。