池袋が賃貸で住みたい街3年連続1位 交通利便性とエンターテイメント性が人気

記事まとめ

  • 「2019年 首都圏版LIFULL HOME'S住みたい街ランキング」の「借りて住みたい街ランキング」で池袋が3年連続1位に。
  • 人気の理由は商業施設や娯楽施設の充実、交通利便性、学生の街であることなど。
  • 「買って住みたい街」1位目黒、「買って住みたい・借りて住みたい行政区」1位世田谷区も発表された。

賃貸で住みたい街「池袋」が3年連続で1位 交通利便性とエンターテイメント性が人気

賃貸で住みたい街「池袋」が3年連続で1位 交通利便性とエンターテイメント性が人気
       


不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する「LIFULL」は2月7日、「2019年 首都圏版LIFULL HOME'S住みたい街ランキング」を発表した。


「借りて住みたい街ランキング」の1位は「池袋」で3年連続。LIFULLはその理由を、



「駅周辺が広く発展しており、商業施設や娯楽施設が集中する繁華街でエンターテインメント性があること、JR山手線や西武池袋線ほか計8路線が乗り入れるビッグターミナルでアクセスに便利なこと、大学や専門学校などが多くある学生の街であることなどが人気」


と分析している。


2位以降には「川崎」「中野」「高円寺」が続き、上位4つの街は昨年と同じで、不動の人気を獲得している。


「買って住みたい街」では「目黒」が初の首位 都心エリアの人気が戻る


一方、首都圏で「買って住みたい街」トップに輝いたのは、「目黒」で、昨年の2位から順位を上げ、初の首位に立った。目黒駅周辺にはタワーマンションが建ち、街並みは大きく変化を遂げている。職・住・遊のバランスがよい点が評価されたようだ。


昨年まで首位だった「船橋」「戸塚」は郊外だったが、今年は3年ぶりに都心駅がトップにランクインし、「都心回帰」した。2位は新築マンションの竣工が相次ぐ「八王子」、3位は「恵比寿」で、昨年の13位から大きく順位を上げた。4位以降は、「広尾」「大井町」「浦和」が続いた。


「住みたい行政区」では、「世田谷区」がトップ


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「賃貸で住みたい街「池袋」が3年連続で1位 交通利便性とエンターテイメント性が人気」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    立教大学が凋落した頃と一致。空室が増え人気がなくなった、家賃を下げた。住むのにお手頃になった。そういう事だろうな。エンターテインメント性ってサンシャイン関連の事?駅から遠いと思う。小池氏は影響なし。

    0
  • 匿名さん 通報

    足立区でしょう。

    0
  • 匿名さん 通報

    心愛ちゃん事件が示すように、良心が欠落した日本人が猛烈に増えている。もうこの国は終わりだ。首相が性犯罪者を圧力で不起訴にする国。しかも安倍ポチが4割!サイコパス国家。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。