コオロギ50匹分の粉末を使用!虫のプロテインバー食べてみた 2個980円、「きなこ棒」のような味わい

コオロギ50匹分の粉末を使用!虫のプロテインバー食べてみた 2個980円、「きなこ棒」のような味わい


京都市のベンチャー企業「BugMo」が販売する、コオロギの粉末を約50匹分練り込んだプロテインバー「バグモクリケットバー」が3月上旬、話題になった。チョコ味・抹茶味の2種類セットで価格は980円。


今後予測される食糧難の解決策として推奨される「昆虫食」。しかし実際、どんな味なのだろう。キャリコネニュース編集部も食べてみた。


■しいて言えば苦味がコオロギ? コオロギの足は入っていなかった


公式サイトで注文をすると、商品は6日後に到着した。Amazonで本を購入したときのようなダンボールに梱包されており、まさかコオロギバーが入っているとは思えない。中には水色の包み紙に商品とサンクスカードが入っていた。丁寧だ。


コオロギ50匹分の粉末を使用!虫のプロテインバー食べてみた 2個980円、「きなこ棒」のような味わい


パッケージはチョコ味が茶色、抹茶味が緑色で、「BugMo CRICKET PROTEIN」と商品名が書かれている。また「1本にコオロギ50本分」という文言のほか、「タンパク質10グラム」「オメガ3 1/2日分」など健康に良さそうなポイントが訴求してある。


今流行りのグルテン・大豆フリーというのも特徴だ。白砂糖・乳も使用していない。コオロギパウダーは低脂質かつ高タンパクの動物性タンパク質。さらに食物繊維・オメガ3・ビタミン・鉄分などが豊富に含まれている。


コオロギ50匹分の粉末を使用!虫のプロテインバー食べてみた 2個980円、「きなこ棒」のような味わい


プロテインバーはiPhoneSE程度の大きさ。チョコ味は3ブロックに分けられるタブレットとなっている。硬めのブラウニーにカシューナッツやくるみなどが入っている感じで、噛みごたえも食べごたえもある。ただキャラメルのように少し歯にくっつく。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年3月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。