産休育休で7年休業、NHK青山アナへの批判は「ブラック企業社会への過剰適応」 フローレンス駒崎氏

産休育休で7年休業、NHK青山アナへの批判は「ブラック企業社会への過剰適応」 フローレンス駒崎氏


3月半ば、NHKの青山祐子アナウンサーが退局の意向だと報じられた。青山アナは2012年3月から17年2月までに4人の子どもを出産。約7年間、産前産後休暇と育児休業を取得している。15日の産経新聞の報道によると、職場復帰はせずに退職したと見られる。


ネットでは青山アナのこうした行動に「給与もらい逃げ」、「非常識」、「ずるい」などの批判が相次いだ。しかし、認定NPOフローレンス代表の駒崎弘樹さんはこれらの反応を、



「育休は4回取っても40回取ってもいいんです」
「『もらい逃げ』なんて言っているのは制度を理解していない的はずれな指摘」


と一蹴する。


ブラック企業の論理を労働者たちが代弁している」


育児休業中に給与は支払われない。様々な条件を満たせば、雇用保険から「育児休業給付金」が給付される。給付金の額も産後半年は給与の約7割、半年経過後は5割と、決して多くはない。社会保険料は通常時、会社と労働者で折半して払っているが、育休中は会社負担分も労働者負担分も発生しない。



「会社がお金を払ったり費用を負担したりすることはありません。だから『もらい逃げ』なんていうのは制度を理解していない、的外れな指摘です。育児休業を取るのは労働者の権利です。4回取っても40回取っても良い。『育休取るな』と言う人は、少なくとも労働者の味方ではないですね。むしろ、4人も産んで少子化の食い止めに大きく貢献しているのに、何を言ってるんだって話です」


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2019年3月20日の社会記事
「産休育休で7年休業、NHK青山アナへの批判は「ブラック企業社会への過剰適応」 フローレンス駒崎氏」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    >その間に契約社員でも派遣でも、代替する人を揃えれば良いだけの話 その派遣にも契約社員にも人生設計や夢も希望もあるということを 駒崎さんはわかっているのだろうか??

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「セクハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「セクハラ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。